スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よつばと! 仏語版13巻

NCM_0455.jpg
よつばと13巻 仏語版

よつばのばあちゃんは、日本人ぽくないなぁと、日本語版の時から思っていましたが、
フランス語版でよむと、際立つ気がします。

ばあちゃんの関西っぽさは訳せてないっぽい。 難しいところでしょう

NCM_0461.jpg

おかしいな、だいぶ標準語やろ
BIZARRE, JE SUIS POURTANT SURE De PARLER NORMALEMENT.

抜けてへんかな
TU SERAIS PAS UN PEU FADA?
抜けてへんです
NON JE SUIS PAS FADA

「(関西弁が)抜けてへんかな?」 が 「(恵那が)抜けているんじゃないの?」
になっているので、ちょっと意地悪な感じですね。フランス人っぽいですが(ω
スポンサーサイト

ブロス用ブレーキディスク

DISC.jpg

フロントのブレーキディスクが要交換になってしまったが
あいにく、国内では部品がない

いろいろ探してみたところ、オーストラリアのメーカーが扱っているらしい
http://metalgear.com.au/mgear-brake-disc-front-left-p-6382.html
が、このWebページ、日本からの発注ができない

ネットを漁ると、この会社はドイツにも支店があって
http://metalgear-shop.com/
そっちはポチれた(サーバ証明書が期限切れなのが怪しいが・・・)が、翌日

thank you for the order in our webshop. But unfortunately we can`t deliver to Japan.
Please contact our distributor in Japan

日本では ↓で扱っているよ というお返事
http://www.yazawainc.com/

送料を考えても、1.5倍くらい高いが、まぁ、しょうがない

12/17 日に発注して年末到着 おお、早いじゃん

これがちゃんと付けばいいんですがねぇ・・・



フロントもPilot Road 3

先々週、鈴鹿峠を走っていたところ、フロントが暴れだして バイクが分解するかと思うほどガタガタ振動して危うく谷底へ落ちるところだった。
なんとか立て直したが、右肩を捻ってしまって2週間経った今でも痛い
どうやらフロントタイヤが編摩耗していたところでオーバーステアでガックンガックンきたらしい

pr4f

と、いうことでフロントタイヤも交換 年末大散財シリーズ・・・

フロント:
 交換時のメーター 35720Km
 交換前タイヤ Pilot Road2 交換後 Pilot Road3
 前のタイヤ使用距離 18000KM

リア使用距離 4000KM

前後ともPilotRoad3でバランスよくなった。

皮むきを兼ねて名阪国道へ走りに行ったが、神野口IC付近で路肩に雪+路面凍結だったので退散してきた。

防寒は頑張れるが凍結は頑張れない・・・ こわいし

よつばと!11巻 仏語版

マンガの仏語版を買うのがそんなに大変ではなくなっていますが・・・

前から言っていますが、Yotsuba& の仏語版は、ほとんどパラレルワールド なまでに仏語化されているので
読んでいるとフランス統治下で日本語を止めた日本 のような錯覚が味わえます。
英語版はどうなんでしょうか?

yotsuba11.jpg

表紙 よつばの持っている本の表紙も仏語化されています。

yotsuba11a.jpg
yotsuba11b.jpg

うどん屋さんも Nouille
メニューが、おしゃれなビストロな雰囲気です。
これで うどん が運ばれてきた日にゃ あたしゃ驚くよ

Pilot Road 3

リアタイヤが右側だけ減って、スリップサインが出てきた。
走行距離 14000KMくらい ミシュランのPilot Road2 はもっと行けるはずなのに
なんでだろーと思っていたが、どうやら釘を踏んでいた模様
燃費も悪いなぁと思っていたが、これが原因か・・・


pr3.jpg

んなわけで、リアだけ交換。Pilot Road 2が入荷時期不明だったので、Pilot Road 3になった。
この細い溝が水を除去して雨の日も安心らしい ホンマかいな?

前のタイヤは 路面にガムテープ貼って剥がすような吸い付きがあって、いささか張り付きすぎな感じだったが、そこまでの感じはない気がする。とはいえ、しっかりグリップしている。

ついでに前後のブレーキパッドとオイルも交換。タイヤの皮むきに200KMほどつっぱしって名阪国道のΩカーブまで行って帰ってきた。コンビニで買った凍ったペットボトルが30分でぬるま湯にも戻る。暑すぎー

燃費もどりました。

備忘録:
 交換時のメーター 31714Km
 交換前タイヤ Pilot Road2 交換後 Pilot Road3

バイク Before After

バイク Before After

車検切れのタイミングで 2年間付き合った BROS P2 NT400とお別れすることになった。

んでまぁ、このBLOGの最近の流れからすると・・・・最近販売された、NC700X・・・と思った?
いえ、BROS P1 NT650でしたー。

NC700は5年後でも乗れるがBROSは今乗らないと、もう中古市場に出てこない!
と思って、BROS P1を選んだ。

BROS_P2_LastBROS_P1_New


左が旧、右が新
どこが違うのか?外見からは全然わからない。
目に見える部品のほとんどは、旧から新に移植しているのでなおさら
エンジンが 250CC 大きくなり、パワーが 1.5倍になった。
エンジン音はより低音にドコドコ音が強くなって、気持ち良い
高速走行や、峠の上り坂で「もちっと頑張れよ」という状況だったのが、「まだまだいけますが何か?」になった。

このバイク、650CCを先に開発して、400CCはエンジンをダウンさせただけというのがよくわかった。
400の不満なところはほとんど解消された。

もうちょっと戸惑うかと思ったが、すぐ慣れた。全然新しくなった感じしない
ガンダムでいうと、モスク・ハン博士にマグネットコーティングしてもらったという感じ(よーわからん例えだ)

あと、燃費が良い 23~26km/l んー、BROS P1の燃費は 20km/lくらいだと思ってたんだけど、
乗り換え前のBROS P2 と同じくらい。なぜだろう

暖かくなったら、これでビーナスラインとか、龍神とかリベンジに行くですよ

NC700X またがってきました。

HONDA NC700X

ホンダ夢店へ行って、HONDA NC700X にまたがってきました。

乗り出し70万くらいだそうです。
大型にしては安!っと思いますが、従来のカテゴリで考えてはいけ​ないですね。
たまたま日本の免許制度では大型にカテゴライズされますが、A2​免許(欧州の中型)です。
車格はやや大柄ですが、タイヤが小ぶり。大きめの中型バイクとい​ったところです。
すなわち「ニューコンセプト」?

カッコいいと思いますが、よく見ると細部は結構チープな感じでし​た。
そのあたりが海外部品なんでしょうね。まぁ値段相応というところ​でしょうか。
耐久性が低そうなので、新車で買って乗りつぶすというコンセプト​かな

またがった感じはとっても楽、重心低くてとり回しもよさそう。。
私は身長182cm 股下 85cmくらいなので、バイクによっては足が窮屈なのですが、N​C700Xはちょうどいいです。

発売日以降だと試乗もできるようなので、どれくらいトルクがある​かぜひ乗ってみたいところです。

HONDA NC700X ロードテスト動画拾ってきた

今、一番気になっているホンダのニューバイクNC700Xの動画を見つけたのでペッタンしとく。

余計なBGMとか入っていない上、メーター周りがしっかり見えているので、実車がどんな感じなのか、かなり参考になると思います。

カリカリパリパリしたエンジン音だけど、BROSなんかでも低音のドコドコ音はマイクが拾わないので、実物はもっと低音も聞こえるんだろーと想像している ツインだし

メーター周り、もっとちゃっちいのかと思ったがそんな悪くもなさそう

最高速度は6速で190くらい? 

車体はけっこう細い。シートから後ろ狭い感じ、イイかも
峠とか得意そう。 

取回し楽そうだな

んー、もしや、バランス的にBROS650とかに近いんじゃないの?





たぶん、何でもできる優等生タイプ。
HONDA「峠で楽しくて、高速でも速度が出て、取回しも楽、必要にして充分だろ!」
うん、そうだね

NTV650のよーに、欧州でバカ売れすると思う。
 
僕的には、かなりツボ

日本国内でどうかは未知数。



よつばと仏語版10巻

よつばと仏語版10巻 日本語版に遅れること1年でようやく出た。
yotsuba10a.jpg


よつばとの仏語版は、背景を可能な限り仏語化しているのだけど、この10巻はそれほど頑張って仏語化されていない。にもかかわらず出版まで1年近くかかった。

「生きてるぴょーん」はIl est en vie, boing
ぴょーんが難しいぴょーんが
yotsuba10b.jpg


この巻はあんまりコメントすることがないぴょーん
yotsuba10c.jpg

よくできました!

HONDA NC700は欧州版普通自動二輪なのか?

かねてから噂になっていたHONDAのニューミッドコンセプトがミラノモーターショー2011で発表された。

↓クリックするとスペインHONDAのページに飛びます。
nc700s_6.jpg
nc700s_11.jpg


すっごい微妙なマシン。デザインもそんなに悪くないし、メットインも便利そうだけど、覇気を感じない
で、カタログ見ていて気が付いた。 最大出力 35KW・・・・って、CB600FよりもDeauvilleよりもダウンしてないか・・・・

あー、わかった A2免許対策か!

現在、欧州では各国バラバラであるが、おおよそ
A1(125cc),A(それ以上)と2段階になっている。(年齢で乗れるパワーに制限があるにしても)
これが2013年から統一基準になって A1(125cc),A2(35KW 約48馬力まで),A(それ以上)の3段階になる。

今のホンダの欧州での主力商品の600CCクラスはA2免許ではほぼ全滅という事になる。
日本から400CCを持って行っても、CB400でさえ39KWでA2免許では乗れないのだ!

スペインホンダのサイトにすでにデータが上がっているそうなので見てみると・・・ A2の文字が、あった。

http://www.honda-montesa.es/motos/modelo.php?motos=NC700S

つまり、これは欧州版中型自動二輪なのか?

そう思って見てみると、すごく納得がいった。

発売前、「リサーチの結果これがライダーが求める最適なスペック」というよーなことを言っていたけど、そういうことだったのかー。
これは日本の大型バイクノリが求めているカテゴリのバイクではないのでは?

とまれ、個人的には、こういうバイクは好きです。
トルクはあるようなので峠とかで面白いんじゃないかと思うよ。

と、いうことは、各社このカテゴリ 35KW以下で600CC前後というのが増えてくるのかな?

#まぁ、免許を排気量じゃなくて出力で分けるというのは合理的だと思うよ

鈴鹿スカイライン開通

金曜休んで4連休にしてもイイですよ。
まじですか、では・・・

という事で年休とりました。んで、2008年から閉鎖されていた鈴鹿スカイラインが11/1から開通したので行ってきた。

鞍掛峠(国道306)→
武平峠(国道477 鈴鹿スカイライン)→
国道1号線→名阪国道→針テラス

と回って帰ってきた。

20111104a.jpg
20111104b.jpg

嫌な予言をする! バイク乗りがめっさやってきて、事故を起こして夏期バイク通行禁止とかなる
というくらい面白いコースだった。

20111104map.jpg



タイヤ交換

BROS P2 のタイヤがそろそろ限界(23000km)なので交換した。
今まで履いていたのは MICHELIN Pilot Activ(バイアスタイヤ)
20111103a.jpg


まぁ、なーんも考えずに同じタイヤにしてもよかったが、
今のタイヤではコーナリングが怖い、高速走行時に安定しないという問題があったので、この両方が改善される(だろう)
ラジアルタイヤにしてみたくなった。(タイヤを新しくしただけでこの問題は解決されるんだけどね・・・)

BROSの前期型のタイヤは 前110/80-17 後150/70-17 で、MICHELINのラインナップではPilot Activ一択になってしまう。
ネット探し回るとラジアルタイヤの Pilot Road2 を使っている人はいるらしい

バイク屋さんに相談したところ、 Pilot Road2 の 前120/70-17 後150/70-17が履ける。
フロントタイヤがごつくなる→フロントが重くなるだろうけど、他は改善されるかも。

と、ゆーことでBROS君にラジアルを履かせてみました。
フロントタイヤがぶっとくなって、さらに漢っぽい外観になりました。ボリューム感があっていいじゃなーい
20111103b.jpg



んで、タイヤの皮むきを兼ねて宇治川ラインと第2名神を走ってみました。
はたして、私程度の腕前で違いがわかるんでしょーか? ・・・・ わかるわ 十数分もしないうちにわかったわ

+地面に張り付いているような感じ。粘着テープを地面にはってバリバリーと剥がしているように感じる
+センシティブにパタパタ倒れこむ。えいや!って倒さなくても倒れていく。でもグリップはされている。
+コーナリングに感じていた不安が軽減されて、きゅきゅっと回れる
+高速の直進安定性がUP
-やっぱりフロントが重くなった。腕パンパンになるくらい重い。
-荷重バランスが変った? 背筋が痛い

まぁ、走っているうちになれるでしょー
もっと下半身でバイクを制御するようにせなあなんなぁ とおもいますた。


備忘録:
 交換走行距離(メーター読み) 34108Km
 交換前タイヤ Pilot Active 交換後 Pilot Road2

連休3日目 志賀高原

20110919map.jpg


睡眠導入剤もってくんのわすれて、明け方まで眠れず。出発時間を遅らせて、3時間くらいは寝たけど、目も充血してるし、バイクに乗るのに一番よくないコンディション。


予定では、北アルプス 穂高―乗鞍を越えて、高山で一泊するつもりだったけど、岐阜側が雨らしいので、このルートはあきらめる。

マクドで食事。 ○○ラインとか書かれているところにはいると、思いのほか長かったりガソリンスタンドが閉まっていたりするので、100kmごとにガソリンスタンドを見つけたら即入ることにした。

高原の気温は低いので、レインウェアの上を防寒具代わりに装備

●ビーナスライン

 林道っぽい道を抜け、諏訪から、八島湿原へ、ビーナスラインへ入る。
 朝なので、車もバイクも少なめで快走 美ヶ原高原 2000m 到着。雲海

---
 
道を間違えつつ嬬恋村までいく え? ここ群馬なの?
山をいくつも越えても、まだ言葉が通じるぜ さすが日本だぜ(おい

●嬬恋パノラマライン

 だんだん天気が悪くなってきたので、涙目となる。パノラマライン
 キャベツ畑の中を ほぼだーれもいない状態で快走。

---


草津到着 時間がないので、草津の湯には入りません

●志賀高原 国道292号

 時間がないのでパスするつもりでしたが、来てよかった
 草津メロディーライン 地面に溝が掘ってあって、それで草津節が聞こえる。タイヤ削れるー

 白根山まで、車の後ろにくっついて、どんどん山を登っていきます。硫黄くさい。 凄い絶景です落ちそうになるような山中をバリバリ上ります。

 日本国道最高点に到着。下調べしてこなかったので、そんなとことは知らなかったので驚いた。 

BROS P2 で日本国道最高点
    HONDA BROS P2(400)
    車齢23歳。まだまだ走れます。


---

長野側まで下りました。道の駅で遅めの昼食 そろそろ本気で帰らないと

スマホのナビを信用して、長野を横に横断しようとしてドハマリとなる。市街地の渋滞で体力をバリバリ削り取られる。

ようやく国道19号に出た。 松本までハイスピードで南下する。眠い。眠気を覚ます時は歌だ と マッセナ将軍も言ってましたので、大声でアニソン歌いながら突っ走りました。

雨 レインウェアの下装着。

ここで、気持ちが折れました。仮に松本を抜けても、夜の国道19号をずんずん下るのは、怖い。長野自動車道に入ります。

中津川付近、雨のため自然渋滞40キロの表示 駒ヶ岳PAで仮眠とろうと思ったけど、人だらけ

雨の中、恵那PAまで走って給油。ほんとにざざぶり ぎゃーひゃーわー と叫びながら走行 岐阜県内もう、どうしてやろうかっていうくらい降り

22時 ようやく彦根着 高速料金が恐ろしかったが、 5000円切ってた。

本日の走行距離 547キロ 2日合わせて、977キロ
面白かったので、また来よう

--------

オートバイの快楽にはいろいろある。

たとえば、私の場合

①人里離れた山中で「ひゃー」とか「もうだめです、こんなカーブ、ばいくはともかく、僕の腕ではまわれません ひーん」などと奇声を発しながら、のぼりのグネグネ道をどこまでも上る

②高地の落ちそうな絶景ルートをこわごわ涙目になりながら走る

③夏、死なない程度にざんざかざざ降りの雨の中を ひぃひぃ言いながら走る。

とりあえず、これら達成

---
購入時(2010/3/16) からの走行距離 20,000km メータで30,000Km越え

連休2日目 偽スイス(長野)

連休2日目 偽スイスの偽ピラタス山へ来た。

1776272085_69.jpg


明治時代に、たぶんイギリス人が「ここは、アルプスだー」などとほざいたせいで、長野人は、ああ、アルプスなのか、と自ら偽スイス化を推進した。だから、偽と言われても長野人は怒ってはいけない

って、主だった知人で長野人は1人しか思い当りませんが・・・・

滋賀県から、下道で来てしまいましたよ。途中、恵那から中津川が崩落やらなんやらで抜けられなくて、そこだけ高速使いましたが、いやはや、まぁ 長野すごいですな これはバイク乗りにはたまらん県ですわ

茅野市の北にビーナスラインというところがありまして、ツーリングマップルでも、ほめまくり 今回の目的のひとつは、ここを走ることでした。

んで、現地に着いたのが、15:30 
下手すると山中で日没となるので、諏訪で一泊 翌朝挑戦 のつもりでしたが、あまりに天気が良いのと、明日雨かもしれないというので、行ってしまいました。

そのまえに万が一に備えて給油。まだ100キロくらいは走れるけど

こら、おもしろいわ そら、みんな来るわ 高原きもちいいわ 富士山みえるわ


案の定、抜けきる前に、標高2000メートルまであがったところで、日没 
ビーナスライン、山深い すっげー深い。この時点で走行距離80キロ。給油してなかったら死ぬところだった。

とまれ、これはリピーターになってしまいそうですよ。ホント
 
で、まぁ、すっげぇスイスだわ。 
ヴァレ州のマルティニから奥スイスの方へ入っていく感じそっくりで、湖岸の施設を欧風にしちゃったりしてるから、山の上から見たら騙される。

あ、そうそう スイスアルプスと日本アルプスの最大の違いは匂い。スイスは放牧している関係で、どこいっても、獣臭いし、うんこくさい。長野はにおわない ここ重要

連休一日目 京都モーターサイクルショー

9末までに3日間の休暇を消化せねばならないので、連休の間の3日間を休みにして、9連休となったが、なーんも予定ないし、雨らしい しくしく

京都駅近くの自動車学校でこの土日に京都モーターサイクルショーというのをやっている。 色々と試乗ができるというので雨の合間を縫って行ってきた。

行きは大丈夫だったが、会場に到着したところでざざぶり

まぁ、試乗と言っても自動車学校のコースの中をバイクで走るだけなんですがね

申し込みにつき3回乗れるということなので、 「1台はいまのっているバイクと同一カテゴリ、あと2回は、普段触れないバイクを」と思っていたが、雨が本格的に酷くなってきたので中止。

小降りになったので、1回だけ グラディウス400(400cc Vツイン いまのっているバイクと似たようなスペック) というのに乗った。乗りやすいけど、びっくりするほどよくもない。んー、こんなもんかー。いまのってる20年前のバイクと交換してやると言われたら、お断りするなぁ と思った。

SHOEIのブースでヘルメットクリーニングしてきた。

あと、いろいろ跨いできたが・・・ 私の体格だと普通の中型車は小さい 足がつっかえるんだ。 日本人が体格がよくなったというのはウソだったのか? 体のサイズにあったバイクを選ぼうとすると600ccとか1000ccになる。 HONDA VFR1300なんてモンスターマシン乗りたくないがな

で、雨合羽買ってその場で着て帰ってきた。

明日はどこへ行くんだい? しれたことよ! 偽スイスよ!
え? 偽スイス?

次回に続く

BROS P2 で行く紀伊半島一周 3 (リタイア)

20110816.jpg

紀伊半島一周パート3

9時半出発 昨日のエンジントラブルが再発しないか心配だが、帰らないわけにはいかないので頑張って北上する。頑張っているのはバイクであって、私ではない

県道29号を北上したが、通行止め 白浜まで戻って、国道311を北上
龍神方面へ向かう 程よいカーブが楽しい これはバイクのりが集まってくるわけだ

が・・・・ 12:00ごろ、道の駅龍神の直前に大雨に遭遇  バイクもパンツもお土産もずぶ濡れに! 半泣きになる
http://maps.google.com/maps?q=33.965643,135.564325

ここから高野山までは、ガソリンスタンドもないし、携帯電話も通じない
何かあったら、アウト 道の駅で飯食って、雨がやむのを待って出発

が、15分もしないうちにまた雨 霧 ガス 景色も見えない。
峠を攻める人たちが多いと聞いていたが、天気が悪いせいか少ない
 
後半から晴れてきた。バイクは大変調子がイイし、なるほど、この1200mの高原を駆け抜ける感じは素晴らしい

高野山へ抜けるが、門徒でないので前を通っただけ。

上天気でカンカンに晴れてきた。高野山の参拝帰りの車が多く、エンジンが熱い 人間の方も暑くてヘロヘロに

24号線を奈良方面へ向かっていたところ、県境を超えるあたりで、エンジンが停止 やっべ!

昨日と同じ要領で、しばらく休んでチョーク引いて再始動 かかった!
が数キロ進んで赤信号で停止したら、そのままエンジンがスウゥゥゥンと停止。

4000回転前後でパワーロス 普段はここで、回転を無理してあげると回り続けるんだけど、回らない

http://maps.google.com/maps?q=33.965643,135.564325
  
バイクを邪魔にならないところまで、押して行って しばらくへたり込んだ
30分ぐらい休んで、エンジンをかけてみるもダメ 押し掛けしてもダメ
もうどうしようもないので、ロードサービスを呼んだ

幸い、JR大和二見駅まで1キロの位置だった。高野龍神スカイラインの中で停止していたら大変な事態だった

そう思うと、1日目の伊賀も、2日目の那智も、3日の龍神も 雨でエンジンが冷えていたので走れていた。祟られてるんじゃなくて、助けてくれてたのか?  バイクも「もう止まったらダメなところは過ぎたし、駅近いし、もういいよね」と言っているかの様だった。

しばらくして、ロードサービスの兄ちゃん登場 ロードサービスの契約で近くの修理工場に入る事になった。


大和二見の駅に送ってもらったところ、電車入線 車掌さんが待ってくれて乗れた。 その後も、接続待ちほとんど発生せず、20時30には自宅に帰ってこれた。

なんか、いろいろトラブル多かったが、それも含めて面白かった。

いろいろと、見えざるものにありがとう と思った次第

バイクは治るんだろーか? 車齢23年だし・・・ 

BROS P2 で行く紀伊半島一周 2

紀伊半島一周 その2

今日の目標値は熊野那智大社→串本海中公園→南紀白浜

朝、8時過ぎに熊野市を出発する。 8時過ぎに出発したが、走り出してしばらくしたら、いきなりエンジンが停止してしまった。

ガソリンは入れたばかりだし・・・
リザーブタンクにするとコックからガソリンが染み出してきた。

ロードサービスに電話したが、あいにくとお盆休みでレッカーもできない 10時まで待てば連絡がつくかもしれないといわれて、電話を切った。
30分ほ待っていたが、最後に悪あがきしようと、1キロほどバイクを押してチョークを引いて再度エンジンをかけたら、再起動できた。

熊野那智大社到着 いきなり夕立 今回の旅はイベント多いな
もしかして、熊野地方の神々に嫌われてるのではないかと思った。おまえ、神仏習合に否定的じゃん とか言われてる?
それとも熱中症対策で冷やしてくれてるのだろうか

12:00紀伊大島 予定より2時間くらい遅れている。串本海中公園はパスかなと思う

潮岬 本州最南端でまぐろ丼を食う。

潮岬からきれいに晴れてきたが、あまり熱くない。快適だし、絶景だし、これは凄い

15:30 南紀白浜到着

ちょっと海水につかってみたが、あまり楽しくない

夕方、海の露天風呂へ行って、宿舎帰宅 ほんと、なんもないし
利用者が全然いないし さみしい IS01のワンセグチューナーが無かったら、さみしくて泣いていた。

つーか、だれもいないから ほんっと怖いよ!

BROS P2 で行く紀伊半島一周

20110814.jpg
滋賀県から、東→西へ紀伊半島を一周

暑さとの戦いになるかと思ったが・・・

三重県の山中で夕立に見舞われる
携帯も入らない、屋根もない山中で 森の木の陰でやり過ごそうと思ったが、まったくやみそうにない。 道が川のようになっているし、渓谷も増水してきた

こりゃまずい、ずぶ濡れぐらい我慢して山道を抜けることにする。
パンツまでぐっしょり、これでは飯屋にも入れない ひゃー

その後も、雨雲にピンポイントで追われ続け、逃げたと思ったら降られ を繰り返す。 スタンド攻撃でもされてるんじゃないかと思った

吉野あたりでようやく雨から解放された。メッシュジャケットの奥まで水がしみ込んで、それが気化するときに熱を奪っていくので、暑い中、むしろ寒い という状態。おかげで熱中症にはならなかった。

大台ケ原から熊野へ抜ける。素晴らしい景色だけど、ヘロヘロ

ホテルチェックイン 熊野の居酒屋さんで刺身定食
タコ抜いてもらった。 安くてうまい


走行距離320キロ

妄想 日本でスイス型徴兵制を導入すると・・・

日本でスイス型徴兵制度を導入するとどうなるだろう?

以下、どんぶり勘定の妄想である。 妄想なので、「徴兵したい!」って思って計算している。

スイスでは、20才から、15週間の初任訓練が義務付け 36才までに年15日程度の兵役義務がある。週末は家に帰れる。最初に4ヶ月と、年2週間なのである。 案外、ゆるい。

仕事で海外へ長期赴任してたりすると、帰国してからまとめてくるらしい

現在、日本の大学では大学の9月入試導入が言われているが、小中高の卒業とズレるのが問題とされている。
なら、18歳を初任訓練として 4月から9月の間5ヶ月間を 初任訓練に当てればいい どうせ、大学生たちは年の半分ぐらいは遊びほうけているのだ

全部兵役に携わらなくてもいい 福祉事業を選択できるようにすればいい 18歳人口 おおよそ120万として、男子の6割が訓練可能と換算すれば 36万くらいは対象となるだろう。

二週間の兵役とすると、36万÷26 とすれば1学齢あたり、 1.4万人程度 ×15(19~34まで従軍として) 通常兵力は 約21万 予備役総動員可能兵力は 540万

48時間以内の即応動員可能兵力を 総兵力540万の1割くらいとすれば 54万

現在の自衛隊の総兵力 約24万人からすると、徴兵で確保される平時の兵力は、そんなに多くない とすれば、スイス方式で 志願兵の殆どを徴兵で置き換えると、平時の兵力は減るという事になる。

志願兵と比べると、明らかに質は落ちてしまうだろうから、高度な武器を運用する航空自衛隊5万人と海上自衛隊5万人は志願兵とするしかない、もし、陸上自衛隊の職業軍人定員を半分くらいにしてしまえば、
通常兵力は35万人くらいになる。 それでもドイツ軍約37万 フランス軍44万よりも通常兵力では少ない

実際に導入しようとすると、世代間不公平感をなくすため、徴兵対象年齢19~34の間で4か月の兵役を順番に課していってって、15年くらいかけて完全導入ことになるんだろうな。


--------------------

災害時にはものすごく有効だろう。なんせ、成人男性が何らかの指揮系統に属して動けるんだから

災害以外の状況で陸上兵力の予備役召集をかける事態は、本土上陸されちゃってるような状況かしか考えられないので、「いざとなったら、48時間で大動員できますよ」って言っても、尖閣諸島には有効じゃないんだよねぇ 対馬防衛くらい?

錬度の低下も問題だし、徴兵コストどれぐらいかかるのか想像付かない
航空自衛隊と海上自衛隊の増強のほうが安いんだろうなぁ



--------------------
ところで、スイスでは、移民とかで国籍を取ると兵役がばばーんとまとめて来るらしい。それいぜんに、ものすごく移民しにくい国ではある。
スイス軍は、15世紀以降 対外戦闘経験が無いので 本当に強いのかはわからない
軍専従の人員は少ないが、予備役でも昇進はしていくそうだ
兵隊さんはロン毛やピアスもいて、そんなに厳しそうでも無い

-----
と、以上、どんぶり勘定の妄想でした。

また伊勢




また伊勢に行ってきた。

前回、うちから伊勢までオートバイで走ってみたところ
峠越え(1h)→田園地帯(30m)→高速道(1h)→目的地
と、適度においしいコースを走れることに気が付いた。

んで、昨日バイクの装備も若干変更したので、ちょっくら試しに走ってみた。

んなわけで、8:00に出発。

ほぼ予定時間い伊勢到着 お昼は鳥羽で食ってみようと思ったのハマりの第一歩 小雨 ひぃ

パールロード県道128号を走る。鳥羽展望台到着 霧でなんも見えない

国道260号を南下 どんどん行っても大丈夫なものかと不安になる。バイクで気軽に入れそうな飯屋も無いし・・・

天気も怪しいので、260号を南下しきってしまって、果たして体力の続くうちに家に帰れるのか? と不安になったので、紀伊長島まで出ずに、紀伊大内山から紀勢自動車道で帰る。

勢和多気インターの料金所で、無料化区間で0円であることに気付かず、
料金所のオッチャンがいつまでたっても金額を行ってくれないので、無言で立ち尽くしてしまった。はずかひー

国道368号経由で上野まで北上したんだけど、これが、なかなかに酷道だった。晴れていて昼間だったら面白かったんだろうけど日が沈みそうで、小雨だったので涙目となった。

12時間で走行距離 470km かなりヘロヘロになったーよ

帰ってきてから地図で見てみると、わりと最適コースに近いのかな?

今回の戦訓

 ここは酷道だ!と思った時点で手遅れ
 携帯とMP3は別電源でないと怖い
 どうせ山中では圏外

一日で南下できる限界はどのへんだろうか?

#ヘルメットにスピーカー入れて、契約のテーマ聞きながら走ってました(おい

#あと、三重県に行くとサンゴットVのテーマを口ずさんでしまうなぁ


干潮時を狙って波打ち際をゆけ~♪


PageTopNext>>

プロフィール

koichirot

Author:koichirot
理系素浪人

すきなもの 弓道、神社、いぬ、和服、児童文学、抹茶、煎茶、紅茶、日本庭園、膨らみ袖の服、冬、雪、和菓子、雅楽、おフランス、ベレー帽、サイエンス

ルーブル美術館へ行って、窓から中をのぞくだけ
ブルゴーニュへ行ったのもかかわらず、ペットボトルのワインを飲む。
でもアンヴァリッド(軍事博物館)には2回行きました。
そんな人です。あたくしは

過去の日記はこちらです。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
BlogPet

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。