スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妄想 日本でスイス型徴兵制を導入すると・・・

日本でスイス型徴兵制度を導入するとどうなるだろう?

以下、どんぶり勘定の妄想である。 妄想なので、「徴兵したい!」って思って計算している。

スイスでは、20才から、15週間の初任訓練が義務付け 36才までに年15日程度の兵役義務がある。週末は家に帰れる。最初に4ヶ月と、年2週間なのである。 案外、ゆるい。

仕事で海外へ長期赴任してたりすると、帰国してからまとめてくるらしい

現在、日本の大学では大学の9月入試導入が言われているが、小中高の卒業とズレるのが問題とされている。
なら、18歳を初任訓練として 4月から9月の間5ヶ月間を 初任訓練に当てればいい どうせ、大学生たちは年の半分ぐらいは遊びほうけているのだ

全部兵役に携わらなくてもいい 福祉事業を選択できるようにすればいい 18歳人口 おおよそ120万として、男子の6割が訓練可能と換算すれば 36万くらいは対象となるだろう。

二週間の兵役とすると、36万÷26 とすれば1学齢あたり、 1.4万人程度 ×15(19~34まで従軍として) 通常兵力は 約21万 予備役総動員可能兵力は 540万

48時間以内の即応動員可能兵力を 総兵力540万の1割くらいとすれば 54万

現在の自衛隊の総兵力 約24万人からすると、徴兵で確保される平時の兵力は、そんなに多くない とすれば、スイス方式で 志願兵の殆どを徴兵で置き換えると、平時の兵力は減るという事になる。

志願兵と比べると、明らかに質は落ちてしまうだろうから、高度な武器を運用する航空自衛隊5万人と海上自衛隊5万人は志願兵とするしかない、もし、陸上自衛隊の職業軍人定員を半分くらいにしてしまえば、
通常兵力は35万人くらいになる。 それでもドイツ軍約37万 フランス軍44万よりも通常兵力では少ない

実際に導入しようとすると、世代間不公平感をなくすため、徴兵対象年齢19~34の間で4か月の兵役を順番に課していってって、15年くらいかけて完全導入ことになるんだろうな。


--------------------

災害時にはものすごく有効だろう。なんせ、成人男性が何らかの指揮系統に属して動けるんだから

災害以外の状況で陸上兵力の予備役召集をかける事態は、本土上陸されちゃってるような状況かしか考えられないので、「いざとなったら、48時間で大動員できますよ」って言っても、尖閣諸島には有効じゃないんだよねぇ 対馬防衛くらい?

錬度の低下も問題だし、徴兵コストどれぐらいかかるのか想像付かない
航空自衛隊と海上自衛隊の増強のほうが安いんだろうなぁ



--------------------
ところで、スイスでは、移民とかで国籍を取ると兵役がばばーんとまとめて来るらしい。それいぜんに、ものすごく移民しにくい国ではある。
スイス軍は、15世紀以降 対外戦闘経験が無いので 本当に強いのかはわからない
軍専従の人員は少ないが、予備役でも昇進はしていくそうだ
兵隊さんはロン毛やピアスもいて、そんなに厳しそうでも無い

-----
と、以上、どんぶり勘定の妄想でした。
スポンサーサイト

申子官小浜

んー、なんか、スケールがおかしい
http://www.asahi.com/international/update/0526/images/TKY201105260680.jpg

サルコはもっとちっちゃくて、小浜はもっと大きいと思ってたんだけどなー

これ、合成?

CBR600RRとCBF600SAの二択




バイク乗り以外には何の事だかわからないと思いますが

スイスの山をバイクで走るために、レンタルバイクを借りようとしています。

600ccを借ります。 CBR600RR と CBF600SA の二択です。

友人のJL経由で聞いたお店では CBR600RR が相場より安く借りられます。(写真1) カテゴリはスーパースポーツに入ります。アクセルカパっと開くとびゅーんと200K越えです。

ジュネーブのお店に問い合わせたところ、CBF600SA(写真2)が借りられるようです。高速ツアラーで、たぶん何時間乗っててもそんなに疲れないと思われます。

アルプスの山中で、一日4時間以上は乗っていることになるでしょう。友人経由なので、断りにくいのですが、CBR600RRの方を断って、CBF600SAを借りる事にしました。 

CB系は低速トルクはそんなに高くないはずなので、普段乗っているBROS(写真3)の方が中低速のトルクは高いかもしれません。

---
CBF600Sは、中庸というか、オーソドックスというか、乗りやすげなのに、国内販売してないのは何で? CB750と乗り味似てるのかな

昭和天皇発言メモ

なんかまぁ、難しいものが出てきてしまったと思います。

昭和天皇が死去前年の1988年、靖国神社にA級戦犯が合祀(ごうし)されたことについて、「私はあれ以来参拝していない それが私の心だ」

と側近に漏らしたメモが出てきたそうす。
私自身は4月に書いたとおり陛下にご参拝していただきたい陛下にご参拝いただくためには、分祀すべき派なのですが、このメモを拠り所に分祀論強化を謀るのはかなりマズイと思います。
流石に首相は今日の時点では「陛下の言動を引用して政治的発言をするのは差し控える」とまともな発言をしています。
コレに対して、民主党の小沢代表は「昭和天皇は本当に偉い方だったんだなあ。大御心(おおみこころ)だなあ」と持論の強化に使おうとしていますが、不見識に過ぎます。最近の民主党は敵の敵は味方方式でどうしようもない相手と組んでしまったりして、政権担当能力を疑わせるような事ばっかり言ってますが、今回もその識見を疑います。
これ、一つ間違えると、皇族の意見が国の方向性に反映されてしまうという大変マズイ前例を作ってしまうと思われます。これはいけません、天皇家が政治に利用されるとろくでもない事になるというのは明治維新やら太平洋戦争やらの教訓から痛いほどわかってるんじゃないかと思ってたんですが、現時点での野党側のコメントなどを見ると、忘れているようです。今回のこの発言をどう対処しようとするかで、その人の民主主義下での政治家としての見識がわかると思います。ジャーナリストも然りです。
下手すると、この国の民主制の根本を引っくり返しかねないですよ。
とにかく、参拝反対派側も参拝賛成側も、このメモとは切り離して意見を主張してもらわないと大変危ないと思うのですが、思い過ごしでしょうかね。
いや、マズイと、そう思います。中韓も複雑な心境のことでしょう。

PageTop

プロフィール

koichirot

Author:koichirot
理系素浪人

すきなもの 弓道、神社、いぬ、和服、児童文学、抹茶、煎茶、紅茶、日本庭園、膨らみ袖の服、冬、雪、和菓子、雅楽、おフランス、ベレー帽、サイエンス

ルーブル美術館へ行って、窓から中をのぞくだけ
ブルゴーニュへ行ったのもかかわらず、ペットボトルのワインを飲む。
でもアンヴァリッド(軍事博物館)には2回行きました。
そんな人です。あたくしは

過去の日記はこちらです。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
BlogPet

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。