スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千年のごめんなさいとたすけての都

 京都というのは日本であって日本で無いという感じがします。なんといえばいいのか、パリがフランスではなくパリなのだというのに近いのかもしれません。

 この京都の京都っぽさの原因は何かというと、室町時代以降、長いこと形式上の首都でありながら行政とは無縁な状況が続いた事、封建制度下の中で律令制国家の制度を維持しつづけた事などが、少なからず影響しているのではないかと感じます。感じているのであって考えた結果ではありませんので、念のため

 それと、神社仏閣の多さ。この神社仏閣も他の地域のそれとはどうも違うように感じます。どんどん分裂していった仏教の諸派がそれぞれ本拠地を京都に持ちつづけたというのも一因ですが、貴族や朝廷が各地方の神社や仏閣を勧請しまくったり、地方に左遷して死んだ人の祟りを恐れて神社にしたりとか そういう事をしまくった結果もあるのではないかと考えます。これ、すなわち、「神頼み」と「御免なさい」なワケです。
 常に何かに謝っているか、つねに何かに「たすけて」と言っている。そういう感じがします。京都というのは、千年のごめんなさいとたすけての都ではないだろーかと思うのです。(だれか賢い文化人っぽい人がそんな事を言ってたよ-な気がするなぁ)
スポンサーサイト

日常の中でちょっと違う日

あまり変化の無い日常に流される今日この頃。今日は珍しく朝から統計的揺らぎの多い日でした。

朝、電車の中で寝過ごす。引き返して京都駅から206系統のバスで職場へ行くことにしたのだけれど、観光客まみれてバスはぎゅうぎゅう。特に、修学旅行の学生、中空いてるんだから入り口に固まるな。 あとから乗ってくる人に「えー」とか言うな! 清水通から祇園ぐらいは徒歩で歩け。 私、思うのですが、クソガキは残らず軍事教練かなんかで矯正しなくてはいけないと考えます。教育基本法を改正して教育勅語を復活させて欲しいと真に願うものです。体罰なんかもバンバンするべきとと思います。全部とは言いませんが、あいつらはどーぶつ同然ですから。どーぶつを人間にするにはある程度の矯正は必要です。
ああ、殴りたい。このクソガキどもをグーで殴りたい・・・。

仕事、昨日消去してしまったプログラムはやっと復旧。なんかいい感じでデータが出ている気がします。
仕事してたら中庭から何かが破壊される音がします。今、隣の建屋が改装工事の準備でゴミ出しをしているのですが、そのゴミ出しをしていた学生が薬品瓶を取り落として、地面に内容物やらガラスやらをぶちまけてました。危ないもんではないだろーなとちょっと心配です。前の職場は「重金属漏れてる噂」とかありましたが、今度の職場もなんかあるかもしれません。

夜、いきなりサーバ群が停止。何かの罠かと思いつつサーバ室へ行ってきましたところ、ブレーカーでした。
このサーバ室はアレをナニする部屋の近くなので、あんまり近寄りたくないというのが本音です。

夜、バスに乗ったら、いきなり声をかけられてビックリ。フランス語友達のM君でした。

進まんどころか巻き戻し

プログラムが完成して、さあ、バッチ流そうとしたところでデータを吹っ飛ばす。
周りに聞いたりして復旧を試みるも失敗。二週間前の時点のスクリプトが残っていたのと、サブルーチンをいくつかモジュール化してあったので、それを元に組みなおし。
進まんどころか巻き戻し。
とりあえず立ち直りましたので大丈夫ではあります。

五月の岩波新書

岩波新書の赤 1000点突破リニューアルだそうですが、今月のラインナップはそこそこイイんでないかという感じです。

フランス史10講フランス史10講
フランスという国は革命期と第一帝政期がべらぼうに面白い(というか、その時代に全てのパワーを使い切ってる気がする)ので書籍もそこばっかり出版されてる感があって、通史の安くて手に入りやすい本はあんまり無い感があります。そんあワケで貴重。
んでも、そこはそれ新書一冊分にまで圧縮されているワケで(例えば、バスチーユ占拠からワーテルローまで10ページ強しかない)、そこから面白さを見出せといわれると辛い。
すでにフランス史に思い入れのある人が通しでどうなってるのか読むときにいいのではないかと思われます。


笑う大英帝国―文化としてのユーモア笑う大英帝国―文化としてのユーモア
わたくしはフランス贔屓であるワケではありますが、ユーモアに関してはイギリスの方が上である(毒舌とかブラック系とか)と思っておるわけです。
何年か前にタブロイド誌が日本の皇室をネタにして、日本の外務省から抗議を受けていた。というニュースがあったと思うけど、イギリスという国はBBCで自国の王室をこき下ろす様な国ですから。そら、しょーがないよね。
モンティパイソンの本ではありません。残念。


雑な時のほうが中る・・・。

U市の道場まで練習に行ってきました。
またまた、引き手で「ぐいっ」と引いてしまう悪い癖が出てきたので、矯正します。
バシっと中った音を聞きたいがために弓を引いてるワケですが、雑に引いているときのほうが中るのでなかなか矯正に結びつきません。

それと、離れの時に弓がめちゃくちゃ振動するのですが、S先生によると、矢尺が長すぎて、弓が悲鳴を上げていると言われました。直心Ⅱグラスという弓を使っているのですが、これが振動が強いというのはよく言われる事なので、そんなもんかと思ってましたが、それにしても酷いのかもしれません。弓と弦の間を長めにするといいという事なのでやってみると、確かに振動が減ってビックリです。

進まんの~

家で仕事しよーとした訳ですが、どうにも環境が悪く進みません。特に長時間PCの前にいられない。
ま、コタツの上に巨大CRTがのっかっている、この状況では作業スペースは無いは、腰は痛くなるわで、そらダメでしょー。

と、いう事で、液晶ディスプレイを購入して、コタツを押入れにしまい込み、作業環境を変えてみました。ちょっとマシになったので、Cygwinからsshでホストにつないでみたのですが、どうにも不安定なので、linuxをインストールしたりとか、色々設定してました。 ・・・・はっ! 肝心の仕事が進んでない(涙)

あと、腰痛改善のためにイスも新調すべきかも・・・

もやしもん3

もやしもん3
が出てたので、いちおう買う。連載で追ってたけど、イブニングってけっこう読み逃ししちゃうので・・・。
私は酒飲みではないので、よーわかりませんが、薀蓄漫画は好きなので買ってます。

イランからの郵便

私宛てに、イランから郵便物が届く。で、郵便局から「届けますか?」とか問い合わせがきて、うちの家族がおっかなびっくり受け取った。
今年の二月にフランスから発送されたのが、イランに誤配送され、そこから日本に転送されたという次第。シルクロードを運ばれたのだと想像してみる。(たぶん、船便になったのだと思われる)
内容物は本とチョコレートとシャツ。チョコレートは全滅だけど、他はなんとか使用に耐える状態。チョコレートが入れられていたプラスチックケースは中で粉々に粉砕されていたが、何か安全対策でわざと粉砕したのかもしれない。家に届いたときはアラビア文字の書かれたビニールパッケージに入れられていて、見るからに怪しげな感じだったので、郵便局のほうでもドキドキだったのかもしれない。
アフリカとかそんなところに行ってた可能性もあるんだなぁ~

送り主は3月ごろ妙に怒っている雰囲気だったのは、このプレゼントの遅配が原因だったのではないかと思い至る。困るじゃありませんか~

日曜

昼から京都のU市の弓道場で引く。押し手は突っ張り過ぎない。ごまつぶを二の腕に乗せて、ぴんっと飛ばすイメージって、当事者以外には良くわからないアドバイスだけど、凄く参考になりました。
夕方、寺町をほっつき歩く。miniSDカード1Gが4000円切ってたので買う。
夜、本屋でグラフ理論の本を探すが、閉店で追い出される。

帰りの電車で司馬遼太郎対話集を読む。この人の天皇と京都に対する感覚はすごく共感してしまうのだけれど、それは司馬史観に毒されているのか、はたまた、京都に良く行くうちに自然とたどり着く帰結なのか。

めぐりあわせ

地元のH市の弓道場へ行く。今までに10回以上足を運んでいるけれど、ココでは殆ど満足に引けてない、どうにもこの道場とは巡り合わせが悪い。 そんなワケで、前回、「次に引けなかったらもうここに来るのは辞やめよう」と思っていたのだけど、今日は引けるでしょうか?
 
今日は珍しく人が大勢いて車座になってお茶しておられたので、もしや引けるのでは? と期待したのだけれど、皆さん洋服のままで、どうしたのかと思ったら、明日のシルバー向け大会準備中との事であった。「もうちょっとしたら練習できますから、また来て」と言われて迷惑そうに追い返される。ご挨拶しようと思ったが、どうにもそういう雰囲気でない。

一時間ほど隣の図書館で時間をつぶしてから行ってみると、まだ道場の真中ではしご立ててたりして、とても引ける状態では無さそう。しょうがないので帰る。

やはり、ここの道場とはかなり巡り合わせが悪い。というか、地元のコミュニティと巡り合わせが良かった事が一度も無かったという事に思い至る。なんというかライフスタイル的に全く噛み合ってないの。地元で茶道を習おうという計画もあったのだけれど、これも噛み合わず断念している。それすらも、京都まで出たほうが可能性があると思えるぐらいだったりする。

う~ん。ま、明日は京都まで弓もって出かけますかね・・・




どうなのかな

薬学者と生物学者のパーソナリティはかなり違うんじゃないかと、最近漠然と思うけど、本人たちはどう思っているのだろう

のるむのるむのるむ

困ったときは、ノルムとか内積とか言ってると、解決すると、いう事なので、
言ってみる。
のるむのるむのるむのるむ・・・ ないせきないせきないせき

・・・・解決しない

ばかばか、ノルムスペースの馬鹿

こーゆーときはついつい逃避してしまうもの、誰も使ってないsun serverにlamとかインストールしてました。いけませんな。

閑話休題

なんか、コンビに行ったら、明日出てるはずの本がもう置いてあんの
なんでかなーと思ったら、脳内カレンダーが一日とんでる。
やべー いろいろすっぽかすところだった。

とりあえず、今晩の仏語教室は忘れずに行けました。

さぶじょんくてふぱせ とさぶじょんくてふぷれざん はこういうときちなう
びみょ~

激しく頭痛

頭痛。朝から どたまがんがんする。なんでだろー
そーいや、土曜の晩もがんがんに痛かったし、日曜はなんか集中力に欠けて、矢取りしている人がいるにもかかわらず、打ち起こししてしまったり(幸い、何事も無かった)、電車の中でヘロヘロになってたしなぁ
で、今日は朝からどーにもこーにも変な感じ。

午後、あまりにだるいので、やる気の出る化学物質の構造式を見てやる気を出すことに・・・ って、出ねぇよ!

夕方、ぜんとーよーにもやがかかったかんじで、プログラムも進まない。普段ならしゃくっと組めるよーな簡単なスクリプトですらあやしー。
夜、激しく頭痛。これ以上プログラムをのたくっても、よけいわやくちゃになりそうなので切り上げ。
かばんの中にアスピリンが入ってたので飲む。少し楽。駅でご飯食べたら、戻しそうになるけど、なんとなくさらに楽になった。
帰宅後風邪薬飲む。 風邪ならいいけど、何かへんなびょーきだったらヤダなぁ

なんでかしらんが飲んでまう

野菜生活の紫。なんでか知らんが飲んでまう。やばい。野菜ジュースとはいえカロリーは侮れないのだ

例会

U市の弓道協会の例会があったので参加してきました。
今回からハンディ戦が導入されまして、先月の結果から計算された数だけ、的中数に加算されます。
前回、1/8という散々な成績だったので、ハンディが凄いことになっている上、初級男子の参加者が三名しかいませんでした。的中数が最下位であっても優勝してしまう可能性がありえます。

結果、優勝が転がり込んできてしまいました。5/12という自分的にはなかなかいい的中数でしたが、他の方々も5中以上でしたので、複雑な心境です。
それで、生まれて初めて、納射なるものをしました。一年ぶりに5人立ちの状態で坐射をしましたので、もう足が痛くてどうにもなりませんでした。帰り道、足に力が入らず転んでしまったくらい。

これが最初で最後の優勝だと言われたりもしましたが、来月からこちらの道場へ来る回数が大幅に減ると思われますので、実際そうなってしまうのかもしれません。

何はともあれ、一度くらい入賞というのを経験できて良かったということにしておきます。

どよー

月に一度のベンチャー会議があったので、雨の中、京都まで出張りました。
例によって、午前中、カナダ人D氏と三条のスターバックスで開発系の話をしました。今、週に一度、彼の開発を手伝っていますが、私が彼の主張するJavaによる先進的開発モデルを勉強し終わるのは何時になるかわからないし、ヒューマンリソースから言っても全く無駄だと思えるので、開発分担をして、Javaで作る必要のない部分を一番早く出来上がる言語でさっさと作らせてもらうというのを落し所にしました。少しは開発が早くなるといいのですが・・・。
午後、場所を大学に変えて、他のメンバーを交えて、開発でない部分の会議をしました。

夕方、会議終了後、急に体調が悪くなって、くしゃみ、鼻水、頭痛が襲い掛かってきたのですが、夜には回復しました。また何か気圧か何かの変動があったのかもしれません。

たいじゅうけいのきょうふ

久々に体重計に乗ってみました。生活パターンがかなり変わったので・・・・
ぎゃ~
気絶

いっそ、Phaseolamin ダイエットでもしたほうがいいのかもしれません。
数日前にTVで紹介されて、試した人が大勢下痢になったそうです。
alpha-amylase inhibitor ですから、そら下しちゃうのも当然でしょうと思うのですが、他の成分のせいにしている報道もありました。
日本人は主に米を食べるワケですから、分解されない米粒が腸まで行くんだから、そら、消化管負担が大きいだろうと思うのですが、どうでしょう?



フランスお食事会


最近フランスから帰国したY君と、フランス人JMと一緒にお食事会してきました。なるべくフランス語でいこうと思ったのですが、食材関係の語彙は(も)よく知らないので、日本語交じりで、たいへん楽しいお食事会でした。
Y君はなんと、一年フランスにいて、Mt Saint MichelもLoireも行ってないというのにビックリ。

という事で、次回はアルザス料理の予定。

曽我町子さん死去

声優・女優の曽我町子さん死去 享年68歳
天本英世と並んで怪優と呼んでいい方でした。
きのう、ふっと、氏の出演作品を思い出し、今も現役なんだろうかと思い出したところでしたので、大変ビックリ
冥福をお祈りします。

れんきゅーおわり

雨ざーざー。左足痛し、ハイキングのとき捻ったのを気が付かなかったらしい。
犬と遊んでれんきゅーおわり。
ゴミの山の中から今年のDELF春試験の申込書が出てくる。申し込み期間とっくに終わってる、忙しくて申し込むの忘れてた。仏検の方もそろそろヤバイんでないだろうか・・・。
 

Death Note 英語版(4,5)

体痛い。お天気よくない・・・・。
ユニクロの企業コラボTシャツで 弓道のがでたというので買いに行ったら、XLとLはすでに売り切れていた・・・。

Date Note.4Date Note.5

日本語版のほうはもうワケわからなくなって読んでないDate Noteの英語版の4と5を読んで一日終わり。
一回は一回 は once is once でいいんだ。

ハイキング 余呉~賎ヶ岳

もあー今年もハイキングに良い季節になったということで、元同僚JMに誘われて、フランス人1 ニュージーランド人1 日本人2 で琵琶湖/余呉湖のほとりにある賤ヶ岳へ登って来ました。「しずがたけ」と読みます。羽柴秀吉が柴田勝家と戦った場所です。

JR余呉駅→賤ヶ岳→山本山登山口というコースで歩く予定でした。
90分ほどで山頂到着です。軽登山という感じでした。
余呉湖のほとりを歩きましたが、残念ながら山中からは余呉湖は殆ど見えませんでした。


賤ヶ岳賤ヶ岳賤ヶ岳

標高412m 賤ヶ岳山頂です。山頂は絶景です。リフトでも登れるので、山頂には家族連れなど大勢お弁当を広げていました。
もうだめそのまま琵琶湖ぞいに連なる山を分水嶺にそって南下します。アップダウンのあるコースで、ペースも早かったせいもあって、ヘトヘトになりました。
東野分岐まで降りたところで、さらに山中を3.5km歩いて山本山に登る気力は残っていなかったので、ここでふもとの集落まで下山することにしました。

北近江リゾートで休んで帰ることにしましたが、場所がわかりません。通りすがりの人に聞いたら、親切にも車でつれていってくれました。このあたりの人たちは皆さん大変親切で感激でした。


くま~幸運にも熊には遭えませんでした。くまー くまくまくまー


ハイキング詳細

余談:レディーファーストは欧米においても○○才過ぎると機能ない(ひでぇ)

五月大会

五月大会の一日目に行ってきましたが、所要で会場に着いたのはお昼過ぎで、外国人大会のほうは終わっていました。美味しいところ見逃した・・・。 で、頑張って整備した第二射場で一番最初に引いたのは、同じ道場のI先生でした。知ってる人が一番に安土に弓を射たというので、ちょっとばかり気分がよろしい。
五月大会の引き順は その段位/称号になってからの時間が短い人順なので、先月称号をとったI先生になるのは必然といえば必然なのです。

同じ道場のS先生とM先生は夕方からだそうなので、大学まで行って、ちょっと内職して来ました。職場は御所の荒神口から鴨川を越えてすぐなのですが、歩くとそれなりにしんどいので、折りたたみ自転車Handy8を買っておけばと後悔することしきりでした。

3時頃に会場へ戻って、先生方の射を待っていましたが、結局 先生方の順番は5時にならんとしたところでした。I先生がバシっと皆中させたのを見た直後に、実家から呼び出しが入ってしまったので、M先生の射は見れずに帰宅しました。なんと、M先生優勝されたそうです! すばらしい

それにしても、今回の五月大会は国際弓道連盟の設立も兼ねたという事で、外国の方が多かったです。心なしか、ドイツ語とフランス語をよく耳にしました。ドイツは日置流・斜面が盛んだそうです。対して、フランスは正面が多いという印象があります。そのあたり、本当のところどうだったのか、午前中の外国人の部を見ておけば、各国の状況がわかって面白かっただろうと思います。


戦闘糧食の三ツ星をさがせ

戦闘糧食の三ツ星をさがせ!―ミリタリー・グルメ
ネットで読んでいた軍事系のコラムでとりあげられていて、面白そうだったので買ってきました。
軍の戦闘糧食というと、カロリーメイトのよーなのとか、アニメ(たぶんガンダム)かなんかに出てきたカレールーのブロックのようなのとかのイメージすると思われます。
私が高校生のとき、各務ヶ原であった航空ショーで買ったアメリカ軍のレーションを食べてみてあまりの不味さに、二度と食べるものではないなコレとか思ってました。フルーツもチョコレートも歯が溶けるかと思えるほどに甘く、メインディッシュも大味だったと記憶しています。で、この本によるとアメリカ軍の糧食というのはすごく不味い(かった)んだそうで、フランス軍とイタリア軍のは旨いそうです。国民性出てますな
あまりに面白いので一気に読みきってしまいました。オススメです。

流鏑馬など

yabu.jpg今日は下鴨神社で流鏑馬神事がありました。今年は流鏑馬の日程と五月大会の日程がズレたので、弓道関係の人もゆっくり流鏑馬見物にいけたのではないでしょうか? 歩射神事は5日だそうなので、こっちはもろバッティングしている様です。 いい陽気ですので、今日も和服で出かける事にしました。

ということで連休中でもあり、混雑が予想される流鏑馬神事ですので、早めに行って場所とりすべきなんでしょうが、午前中 大学によって某ベンチャーな内職をしているうちに、お昼過ぎてしまいました。学内で袴姿でプログラムをしているというのはちょっと異様な姿かもしれませんが、幸い、誰とも会わず作業を終えることが出来ました。ふふふ。

お昼過ぎに到着した下鴨神社はもう人まみれ、とてもよい場所を探すどころではありません。来日中のフランス人A嬢とR氏が来ている筈なのですが、場内は外人だらけですので、全然みつかりません(爆)。あきらめて、神殿のほうへ行くと、騎手の方々が儀式をされているところでした。 流鏑馬自体は去年も見たので、儀式が見れたほうが良かったかもしれません。
で、肝心の流鏑馬自体は見れませんでした。待っているうちに、見てるよりも引きたくなったので、U市の道場へ行く事にしました。

道場でS先生に色々教えてもらいまして、ちょっと射形をなんとかせねばならないということになりました。 左肩が入ってしまって、弓に負けているそうです。 今使っている弓は伸14Kgで、そんなに強くはないので、弓に負けているというのはあまり認めたくない事実ですが、「矢尺がかなり広いので、17,8Kgは行ってそうだからそんなに気にしなくても良い」と言われました。ううむ。

A嬢とR氏には、下鴨神社で会えなかったら道場16時と言ってたのですが、そこはフランス人ですので、一時間ぐらい遅れて来ました。R氏が明日の外国人大会に出るそうです。なかなかキレイな射形をしている方でした。海外の方はなかなか的前で引く機会がありませんので、そういう部分はかなり大変そうなのではないかと想像します。 と、いう事で、19時頃まで練習して、帰りました。

明日から五月大会です。私たちの整備した第二会場に一番に矢を射るのが誰なのか、興味のあるところです。

隔月刊MOOKきのこ

382.jpg「隔月刊MOOKきのこ」という雑誌がhttp://www.j-fas.com/から創刊されていたのを遅ればせながら、今日知りまして、関西ではジュンク堂で買えるというコトなので、あわてて買いに行ってきました。
したとろころ、今日、ちょうど2号が出たという事で創刊号の返品処理中というタイミング。なんというか、虫の知らせというやつでしょうか・・・。無事、1号と2号を入手しました。

読んでみたところ、同人っぽいというかミニコミっぽいというかカルチャーっぽいというか、つかみどころの無い本でした。まさにキノコ的と言っていいのではないでしょうかね。わたくしとしては、もっと自然科学系のディープな内容を期待したいのですが、そういうのはすぐ研究レベルまで行ってしまって、雑誌にするのは難しいのかもしれません。今後、そういう記事も載るといいなぁと思います。

ふらふら

連休中ですが、今日明日は仕事です。
それなのに、朝から、どうしても体がいう事をきいてくれず、動けません。
6時に目が醒めたにもかかわらず、心臓がバクバクする上、体の芯に鉛の棒でも入ってるような感じです。なんとか布団から這い出せた頃には10時になっていました。職場に電話したところ、他の人たちも調子悪いようです。
で、昼頃、やっと大学に到着しましたが、仕事になりませんでした。

日中は30度以上になったそうで、気圧の変化がかなりあったそうです。どうりで体調が悪いわけです。

夜、京都弓道殺人事件というサスペンス番組を見ました。
酷い
よりによって、五月大会のある今週やる事はないと思います。
私は基本的にハチャメチャなものは大好きですから、こういう突込みどころ満載の番組は楽しいのですが、弓道家としては憤慨しないワケにもいかず、複雑な心境です。

PageTop

プロフィール

koichirot

Author:koichirot
理系素浪人

すきなもの 弓道、神社、いぬ、和服、児童文学、抹茶、煎茶、紅茶、日本庭園、膨らみ袖の服、冬、雪、和菓子、雅楽、おフランス、ベレー帽、サイエンス

ルーブル美術館へ行って、窓から中をのぞくだけ
ブルゴーニュへ行ったのもかかわらず、ペットボトルのワインを飲む。
でもアンヴァリッド(軍事博物館)には2回行きました。
そんな人です。あたくしは

過去の日記はこちらです。

カレンダー

04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
BlogPet

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。