FC2ブログ

五月大会

五月大会の一日目に行ってきましたが、所要で会場に着いたのはお昼過ぎで、外国人大会のほうは終わっていました。美味しいところ見逃した・・・。 で、頑張って整備した第二射場で一番最初に引いたのは、同じ道場のI先生でした。知ってる人が一番に安土に弓を射たというので、ちょっとばかり気分がよろしい。
五月大会の引き順は その段位/称号になってからの時間が短い人順なので、先月称号をとったI先生になるのは必然といえば必然なのです。

同じ道場のS先生とM先生は夕方からだそうなので、大学まで行って、ちょっと内職して来ました。職場は御所の荒神口から鴨川を越えてすぐなのですが、歩くとそれなりにしんどいので、折りたたみ自転車Handy8を買っておけばと後悔することしきりでした。

3時頃に会場へ戻って、先生方の射を待っていましたが、結局 先生方の順番は5時にならんとしたところでした。I先生がバシっと皆中させたのを見た直後に、実家から呼び出しが入ってしまったので、M先生の射は見れずに帰宅しました。なんと、M先生優勝されたそうです! すばらしい

それにしても、今回の五月大会は国際弓道連盟の設立も兼ねたという事で、外国の方が多かったです。心なしか、ドイツ語とフランス語をよく耳にしました。ドイツは日置流・斜面が盛んだそうです。対して、フランスは正面が多いという印象があります。そのあたり、本当のところどうだったのか、午前中の外国人の部を見ておけば、各国の状況がわかって面白かっただろうと思います。


スポンサーサイト



戦闘糧食の三ツ星をさがせ

戦闘糧食の三ツ星をさがせ!―ミリタリー・グルメ
ネットで読んでいた軍事系のコラムでとりあげられていて、面白そうだったので買ってきました。
軍の戦闘糧食というと、カロリーメイトのよーなのとか、アニメ(たぶんガンダム)かなんかに出てきたカレールーのブロックのようなのとかのイメージすると思われます。
私が高校生のとき、各務ヶ原であった航空ショーで買ったアメリカ軍のレーションを食べてみてあまりの不味さに、二度と食べるものではないなコレとか思ってました。フルーツもチョコレートも歯が溶けるかと思えるほどに甘く、メインディッシュも大味だったと記憶しています。で、この本によるとアメリカ軍の糧食というのはすごく不味い(かった)んだそうで、フランス軍とイタリア軍のは旨いそうです。国民性出てますな
あまりに面白いので一気に読みきってしまいました。オススメです。

PageTop

プロフィール

koichirot

Author:koichirot
理系素浪人

すきなもの 弓道、神社、いぬ、和服、児童文学、抹茶、煎茶、紅茶、日本庭園、膨らみ袖の服、冬、雪、和菓子、雅楽、おフランス、ベレー帽、サイエンス

ルーブル美術館へ行って、窓から中をのぞくだけ
ブルゴーニュへ行ったのもかかわらず、ペットボトルのワインを飲む。
でもアンヴァリッド(軍事博物館)には2回行きました。
そんな人です。あたくしは

過去の日記はこちらです。

カレンダー

04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
BlogPet

ブログ内検索

RSSフィード
リンク