FC2ブログ

彌永昌吉さん死去

数学者 彌永 昌吉 氏が百歳で死去。死因は老衰。
まだ生きていたのかとビックリしていたが、4月にフランス語で整数論の研究総論を発表したりとかしていたらしい。すげー。
この世代の数学者はフランスやドイツに留学した人が多くて、この人はフランス語も堪能で、日仏会館の顧問であり、れじょんどぬーる勲章とかもらってたりする。すげーすげー

ガロアの時代 ガロアの数学〈第1部〉時代篇ガロアの時代 ガロアの数学〈第2部〉数学篇

この人の書いたガロアの時代 ガロアの数学は、買ったはいいけど積ん読状態。いつかは読まないといけないです。
スポンサーサイト



立ち上がれない

ヘロヘロです。
どうにも立ち上がれなかったので、行けない旨を職場に電話する。という夢をなんども見てました。どれか1つは本物だったと思いますが、違うかもしれません。

昨日は特に、帰りの電車の中でかなりヤバげでした。一眠りすれば回復するかとも思いましたが、お昼近くまで立ち上がれませんでした。もう一眠りするとなんとか動けるかもしれません。
5/14もこんな感じだったので、どうも月に一度くらいのペースでそういうのがあるのかもしれません。

リモートでちょっと解析進めてみました。
logX >= 2 強条件 0.8
===ABD===
A 254 B 48 D 495
AB 44 / AD 163 / BD 43
ABD 41
===ACD===
A 264 C 92 D 506
AC 84 / AD 170 / CD 77
ACD 72

強条件での制約を入れなくてもそんなにかわらないので、入れなくてもいいかもしれません。ABCD間の相関があまり効いてこないのは残念です。
これくらいだと、目でみてみようという気になります。リモートでは見れないので、続きは明日。


PageTop

プロフィール

koichirot

Author:koichirot
理系素浪人

すきなもの 弓道、神社、いぬ、和服、児童文学、抹茶、煎茶、紅茶、日本庭園、膨らみ袖の服、冬、雪、和菓子、雅楽、おフランス、ベレー帽、サイエンス

ルーブル美術館へ行って、窓から中をのぞくだけ
ブルゴーニュへ行ったのもかかわらず、ペットボトルのワインを飲む。
でもアンヴァリッド(軍事博物館)には2回行きました。
そんな人です。あたくしは

過去の日記はこちらです。

カレンダー

05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
BlogPet

ブログ内検索

RSSフィード
リンク