スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よつばと!仏語版の1と2



よつばと!仏語版の1と2が出てたので買いました。
あずまきよひこ作品に関してはフランスよりも北米での受けの方がいい様です。作品カラー的にも アメリカだなと思います。よつばがダディって言っても違和感ないでしょ? 仏語だとPAPAですからね(二個目のPAの方で上がるアクセント)。
1970年代に日本からフランスへ輸出されたアニメは、間の部分が冗長で切られたそうなので、そのへん、このマンガ独特の間をどう感じるかは微妙だと思います。

元々文章の少ない本ですし、ほとんどそのまま伝わる捻りの無い文が多いので、脚注もほとんどありません。前作あずまんが大王と同じ翻訳の人なので、翻訳上の不満はほとんど無いです。

「あー恐ろしい!あんた鬼の子だよ!!」 は  「AAAAH! MONSTRE! FILLE DU DEMON!!」になってました。そのまんまですな。あやせ母のキャラはフランスのマダムっぽい気がせんでもないすが、どうか?

あと、やたら、○○○,qui ... という言い方をするのですが、私も、そういう言い方を多用してしまうので、安心しました。

「よつばこ」は「yotsuboîte」 フランス語で箱は boîte(ぼわっと)というので、ドンピシャですな
スポンサーサイト

さぼり・・・

あー、きゅーどーのれんしゅーにもいかなくちゃ・・・と一応出かけては見たのですが、京都駅で動悸が止まらなくなっちゃって、戻ってきました。何しに京都に行ったんだか。ま、定期券だからいいですケド

昨日はしっかりと風邪薬でドーピングして出かけたので大事なかったワケですが、昨日の晩はかなり良かったし、今日はもう大丈夫だろうと、おき抜けで睡眠薬が抜けきってなくてフラフラなだけだろうと、薬もマスクもちり紙も持たずに出たのですよ。
そしたら、京都駅に着くまでの間、一駅毎に悪化していく感じ。鼻水ズルズルになるわ、胃腸の調子も悪くなるわ、焦りました。
トイレの付いている車両で助かりました。ま、こんな状態で弓引いちゃダメですから帰ってきて正解ででしょう。

今年の風邪はなんでこう長引くんでしょう・・・。

いいかげん練習に行かないと、弓の引けなくなっちゃうヨ・・・。忙しくて道場へいけないまま、下期の登録が終っちゃったので、今年度の審査は受けられない事が確定。ううむ いけませんよ

le pays des cerisiers

le_pays_des_cerisiers.jpg夕凪の街 桜の国のフランス語版が届いた。

この本は何度読んでも泣けてしまうのだけど、フランス語版で読んでも泣けます。まぁ、先に日本語版で読んでるからですけれど

英語版も出ているそうです。

ただ、33ページの Suis-je contente? は Sont-ils contents?
だと思うのですが、どうでしょう。その後の ceux qui ont lance la bombe atomiqueに対して言ってるワケですから・・・。

とまれ、核武装問題が再燃しているので、ちょっと気になっていた時期なので、仏語で再読してみました。
核武装に対しては、やっぱり論理的に考察はできなくて、感覚的に受け入れられないと、感じてしまうのです。

核融合科学研究所 オープンハウス

200610280.jpg200610280.jpg

岐阜県多治見市の核融合科学研究所のオープンハウス(一般公開)に行ってきた。学生時代にここの前身であるプラズマ科学研究所でバイトさせていただいた事が、その後の人生をサイエンス方向へ向けさしめた、足を向けて眠れない場所なのです。

ここでお世話になったK先生が今年で退官だそうで、もしかすると今後 お会いする機会もなくなるかもしれないと思い、片道2時間半かけて、多治見まで行ってきました。
10年ぶりにお会いしたK先生は、相変わらず、やっぱり物理屋さんだなぁという感じでした。私が十数年前に手伝わせてもらったFORTRANのプログラムはまだ使うそうで、大変ビックリ。もうちょっと自動化とかやり様があると思うのですが、手が回らないそうです。

研究所へは5年ぶりくらいに訪れたのですが、5年前から(さらには10年前から)変わっていない感じで、時間が止まっているかの様な錯覚を覚えましたが、LHDのコイルとか、ビーム入射装置とか そういうのは細かくバージョンアップされたり増設されたりしている様です。

ここの一般公開は、頑張っていて大変く面白い。中高年のおじさんが、解説をする研究者に突っ込みを入れまくってるのが目立ちました。ただ、残念なのは肝心 中高生の参加者が殆ど無く、理科離れの深刻な影響を感じました。これでは科学立国など望めないのではないかと薄ら寒くなります。それとも土曜日だから学校なのでしたっけ?

200610280.jpgんでもって、このピンクの丸いのがマスコットきゃら プラズマ君。そして、その隣には、森に帰った筈のモソゾーとキッコ□が!

科学の権化 プラズマ君の振る舞いに、自然の怒りが! モソゾーとキッコ□が復活! あわや闘いに!
しかし、核融合は自然との調和を目指すクリーンなエネルギー まさに人類の英知と自然との調和、誤解が解けた三人は熱い握手を交わす! というストーリーではありませんでした。



んなわけで、友人のK君とも久々に会ってちょっとだけ話が出来ました。良い天気に恵まれて良かったです。

なんとか

ここのところ、大量のデータに埋もれてアップアップになってしまった上、体調の悪さも手伝って、かなり凹んでしまっていました。良質なデータに埋もれているという自覚がある分、良い結果を出したいと言う想いが空回りして、何がなんだかわからなくなっていました。

今日、ラボのボスや皆さんに喝入れてもらったり、アドバイスいただいて、ようやく方向性を取り戻せた気がします。

たいへん感謝。

JR 人身事故

やっと帰り着いた・・・・。なんか、4時間近くかかってしまった。

満員電車、停止。人身事故のアナウンス。行き先が変更になる。
草津で停止。折り返し運転となるため、普通電車に乗り換え。これまた混みまくり。南からやってくる車両は全て折り返しに切り替えられてしまっているため、その電車に乗客が溜まっていく事になる。すぐ近くにいる男達が口論。イライラしているのはわかるが、迷惑だからやめてくれ・・・。

現場検証終了のアナウンス。電車信号待ち後出発。が、ふたたび止まる 警察が再度検証しているらしい。待つ・・・ 男らふたたび口論 あなたたちが口論しても事態は好転しない・・・

出発 徐行運転、途中の踏み切りでパトカー4,5台停止。現場はココらしい。

到着。掲示板には120分以上遅れと表示されているが、乗り換えとか運行停止入れるともっと止まってる。

夜の電車が止まると、朝の折り返しの電車もキャンセルになる。明日の朝(って、もう今日か)も混雑するぞ

ヘロヘロになった・・・。

新手のプレイなのか、それとも・・・?

新快速電車はそんなに混んでいない
四人がけ対面シート 30後半のサラリーマン風の男性と、これまた30後半から40前半くらいのパーティ帰りといった服装の女性。二人並んで座っている。男性、いきなり女性にちゅー 女性うつむいてかわす。
男性、ふたたびちゅー、女性かわす。
男性、ちゅーは諦めて、手を握る。女性拒絶せず握り返す。

二駅ほど通過。乗客減って、空き座席が目立ち始める。

男性、女性のスカートの中に手を入れる。女性、やめさせようとする。男性しつこく攻撃。ハイソックスを脱がせようとする。
流石に異様な雰囲気 回りの乗客も訝しげ。男性、酔った風で周囲を気にせず。座席の空きは他にもあるので、痴漢なら逃げるなりなんなりするだろう。女性、男性の手をむしりとり、自分の膝の上へ。男性しつこく繰り返す。

さらに一駅、女性だけ下車。男性、窓からその女性に盛んに手を振っている。女性無視。

さらに一駅、男性、周囲をきょろきょろと見渡しつつ、前のほうの車両へ。

これは、何かのプレイだったのか、バカップルなのか、痴漢なのか、あまりに堂々としていたので、周囲もぽかーんとしてしまっていた。

フランス・スイスへ行って来た 番外

今回行ってきたところの写真を整理。
ココ
パリを除くと一直線上に並ぶ様な感じ。

厳しい

風邪抜けず、電車の中でもかなり風邪引き多し。
総合感冒薬でまだ頭痛が止まらないので、またイブプロフェンを上乗せする。イブプロフェンは重篤な状態になっても分からないから欠点があるので気をつけたほうがいいという報告もある。
薬学部なんだから、無理やり働けるくすりとか、一時的に疲れなくなる薬とかくれればいいのに(薬事法違反だけど)

辛いの通り越して、平衡感覚が失われる。こっからが少し楽しい。タダでらりらりでラッキーという状態。これがさらに進行すすと タダで幻覚が見れてラッキーになる。が、なまなかなことではそこまで達しないし、危ない人になってしまう、過去にそのレベルに達した事は数回しかないのである。とまれ、

半ラリな状態で月報。もうね、どーしょもない どこで突っ込まれるか、何処がダメかわかってますが、ダメなもんはダメだもん。本当は全然納得してないから、どうなんとかすればいいのか全然実感できてない。

午後、とりあえず、激しく違和感があるけど、それは今は我慢しておいてプログラムだけ進める。後で考え直せばそのうち実感できるようになるかもしれないし・・・。

でも、ラリラリなので、プログラム直してるんだか壊してるんだか分からない。もう脳内変数のスタックが溢れっぱなし。
どーもデータが変だと思ったら、データの準備プロセスでミスがある事を発見。激しく凹む。またしても巻き戻し。もう鬱だしのう

にちよーび

朝起きたら、喉ガラガラ。土曜日にちょっと盛り返してたので、治ったのかと思ったら、そうでもなかった。風邪薬を飲むが、そんなに効果なし。イブプロフェン追加。熱と頭痛はかなり治まった。休んでた方がいいとは思ったけど、使い捨てコンタクトレンズが切れる間際なのと新調した眼鏡を引き取りに行かないワケにはいかないので、京都へ出る。今日は時代祭りで京都駅はJR,地下鉄ともごったがえし状態。

京都シネマでやっている「アタゴオルは猫の森」が11/1までなので終らない内に見る事にする。客層は 不思議ちゃん系女性 アベック 親子連れ。6割ほど埋まる。分かっていた事だけど、興行的には苦戦っぽい。

午後、映画終了後、眼鏡とコンタクトレンズ受け取り。そのまま百万遍の職場まで出ようと思ったが、薬の効果が切れてフラフラなのと、あまりの人の多さにげんなり。バスは満員だろうし、京阪まで歩く気力なし。で、そのままJRで帰宅。

映画:アタゴオルは猫の森

atagoal.jpg30年間待ちに待ったますむらひろしのアタゴオルのアニメ化が遂に達成。これが15年前くらいだったら、もっとエキサイトして、コスプレしたりしてたカモ。当時小学生だった私にズガーンと衝撃を与えたのが、マンガ少年に掲載されていた「水晶散歩」で、高校生のときにモラトリアムな中読みふけったのが「星街編」だった。何度かアニメ化すると言われつつ、立ち消えしていた企画がやっと通って、これが、エキサイトせずにおれようか・・・・。
ああ、熱が・・・

と、いう事で、公開が終らないうちに行ってきました。

原作を知っている人にはオープニングの音楽シーンはかなり違和感があると思います。
その後の展開はちゃんとアタゴオルしてたと思います。 元々、アタゴオルは短編を積み重ねた上にその独特の世界観が構築されていて、中長編でストーリーが戦記化するとぐだぐだになるのですが、今回アニメ化されたギルドマのエピソードは中長編の中でもわりとまとまりが良いので良かったと思います。

原作のこのエピソードに登場していないテンプラとツキミ姫を登場させたのが生きていないのが勿体無くはありますが、スタッフは頑張ってアタゴオルを映像化したと思います。
ラスト、敵味方共に語りすぎ、観念論すぎ。と思いましたが、そーいや原作も戦記化したエピソードは大抵そうなんだよね・・・。 

もし、次があるとしたら、そちら系のエピソードではなくて、短編から何本かオムニバス形式で映像化するとかして欲しいと思います。

とりあえず合格点
ギルバルスがかなりカッコイイのにシビレました

仏語お食事会 番外

Y君のところに、ふぉんてーぬぶろーの学生F君とその友人P君が来たので、祇園で食事する。
待ち合わせ場所になかなか現れないので、ちょっと焦りましたが無事合流。
初対面のフランス人なので、tutoyerじゃない方がいいかしら・・・とか悩みましたが、そういうのは全くの杞憂で、tutoyerでOK。

和食だったのでどうかとも思いましたが、そこは祇園 外国人馴れしていて、英語のメニューが出てきました。
フランス人 豚角煮は○。納豆巻きは×でした。

後半はマンガとかアニメの話ばっかりしてました。若いフランス人と話をする時の基本はマンガ・アニメ。nous sommes des otakus というのが結論(おい)

たいへん楽しい夕食会でした。読んでくれたY君に感謝。
帰りに芸者も見れました。

太陽

ソクーロフ監督作品 太陽 が京都シネマで11/3までなので、行ってきました。

なんとも、とても日本では作れない映画だと思います。不勉強なのでどこまでが実話で何処までが創作なのかわかりませんが、納得してしまう部分はあります。やはり最後まで、陛下ではなくて、イッセー尾形にしか見えないのですケド。陛下の「あ、そう」が随所で効果的に使われていて良いのですが、そこがまた不敬ぎりぎりな感じです。右からも左からも支持されなさそうな映画です。

米兵でありながら、陛下を尊敬している通訳官がいい味を出してましたが、このエピソードは史実なのか興味あるところです。

ロシア映画だという事ですが、ロシア人もなかなか繊細だというのは発見です。アメリカ人に対して好意的でない描写なのはロシア映画だからでしょうか? 最期はウウムと唸ってしまいました。

この映画は殆ど防空壕内の描写が淡々と続く映画です。ナチスドイツの最期を描いた「ヒトラー最期の12日間」も防空壕内での描写が続きますが、ヒトラーの方が波乱に満ちてズッシリと重いのに対して、こちらは淡々と観念論に浸っているというか、そういう感じです。まぁ、監督が違いますケド。ソクーロフ監督はヒトラーを題材にした映画も撮っているそうなので、それも機会があれば鑑賞したいものです。

余談

客層は老若男女 小さな劇場が8割方埋まりました。幅広い世代がこの映画に興味をもっているのを感じました。
入れ替えの時に、受付でおじいさんが「天皇さんの映画は?」と聞いているのを見かけました。このおじいさん、この映画をみてどう思ったでしょうか? ちょっと気になりました。

余談その2

COCON烏丸 の1Fにある aux bacchanales は、オーダーすると厨房にフランス語で叫ぶので、ちょっとビックリ。で、らでぃしょん もレシートをビッと破ってフランス式。こっちがフランス語でオーダーしても大丈夫かどうかは未確認

・・・

朝、肺が痛くて、起き上がれない状態でした。

収まってはきましたが、職場までDoor to Door で二時間かかってしまいますので 自宅からリモートで仕事する事にしました。
今日は京都線でトラブルがあって、午前中は運休とか遅れが多かったそうです。無理して出かけていても、駅で待ちぼうけだったのか・・・。

Le franponais ほか

  • Le franponais
    • http://npu4.free.fr/dotclear/index.php
      ネイティブじゃないから、考えないとわかんなかったり、考えてもわかんなかったりするけど、そこが楽しい。
      もっともっと、間違ったフランス語が溢れないかな


  • メール
    • スイスのJLからメール。なんか、向こうもデータに埋もれてひ~ひ~らしい。基本的に、スイス人も猛烈に働くからな~。フランス語圏スイスが働き者なのはプロテスタンティズムに関係しているのではないかと少し思います。


  • 仏語教室
    • 木曜の夜は仏語の日。受講者数4名のところ2名休み。
      Campus 3 Unite1 中上級レベルの教室は数が少ないので存続して欲しい。宣伝が足りない様なので、来期は宣伝かけるそうです。日仏学館の方も存続させたい意向らしい。 びあんぶにゅー ですから来て下さい>中上級者

      フランスの各地の方言について話しているうちに、フランスの各地の人柄とかの話に脱線。いいですな


    あと、週末に ふぉんてーぬぶろー から学生さんが来るらしい。今週はいい感じにフランスしてる。

    まー

    明け方近くまで眠れず。柔軟な発想力が欲しい・・・

    経過報告、悩んでいる着眼点からして違う。今、すべきことは素直にアドバイスを聞く事。自分に足りないものが何かを思い知る事が大切。

    午後、SDよりIG氏来る。久々に話が聞けて楽しかったし、刺激にもなった。

    バスの中で居眠り ココは何処?

    哲学の道

    20061015.jpg日曜ですが、こんなに天気の良い日に、家に篭っているのも嫌ですし、処理中のデータも気になる。
    という事で、京都まで出て、ちょっと散歩してから大学まで出張りました。南禅寺から銀閣寺まで哲学の道を歩いてみました。
    しかし、何故ココが大騒ぎする様な観光名所なのか良く分かりません。紅葉のシーズンにくれば分かるのでしょうか?
    哲学者 西田幾多郎が この小道を散策したらしいという事ですが、そら、京都帝国大学の教授なんだから、このへんを歩くでしょー。
    しかし、あたしはこの人の本は読んだ事無いです。ダメですか?
    とまれ、これは琵琶湖疎水だから、琵琶湖の水なんですね


    午後から大学でちょっくら計算などしてましたが、思ってたほど効率上がらず・・・。


    弓道日記ひさびさとKOMBUCHA

    午前 弓道、午後 大学のつもりでしたが、やっぱり起きられず。弓道場向けに買った旅行のお土産の消費期限が迫っていたので、午後から弓道場へ行ってきました。

    道場へ行くのは四週間ぶりなので、弓がものすごく重く感じます。ぜんぜん引けない。先生方にアドバイスいただきましたが、どうにもこうにも体の各パートが普段の70%くらいしか稼動していない様な感じで、角見は効かない、会はもたない、腕は打つで、さんざんでした。角見が効かないのは前回から出ていた傾向ですが、押し手がここまでダメダメなのは久々です。これはいけません

    お土産は中国四千年の禅と弓道のドリンク KOMBUCHAです。

    何故坊主? 
    袴はいてない? 
    中りが出るドリンクとして、五月大会で売ったら? 

    とか そこそこお喜びいただけた模様。
    ちなみに、1.8スイスフラン(160円くらい) 買ったのは9月末のスイスだけど、ボトルに 20.11.2006 とかかれているので、おそらく賞味期限。2ヶ月くらいしかない模様。買い込んで転売とかは無理ですな。

    メーカーのWeb Site はココ→CARPE DIEM



    練習のほうは夕方で切り上げ、来週は体の使い方を思い出せるといいのですが・・・

    仏々

    フランスで列車事故のニュース JMの実家の近くらしいので、様子伺いにメールを出した。無事らしい

    仏語教室 秋学期スタート Campus3 , unité 1 今回、テキストの頭からなので、受講者がけっこう増えるかと思ったが、そんなに増えなかった。またしても存続の危機と隣り合わせなのではないだろ~か・・・。
    しかし、相変わらず、仏語力伸びないので困っている。とりあえず、旅先でなんとかなるレベルだし、会話は本当に伝えたい事があって、邪魔さえ入らなければ、誤解はあるにせよなんとかなる。なので、こっから先に飛躍するには何らかの動機が必要。その動機を見つけるのは難しい。別にフランス文学を原書で読みたいワケではない。しいて言えば、歴史書ぐらうだけれど、日本語でだって歴史の良書に出会うのは難しい、まして仏語では・・・。

    # ああ、毎回同じ事を言ってる気がする。

    JRまた遅れ

    神戸線内での人身事故で、今日はまた豪快に90分も遅れてくれた。こりゃダメだと思って、コンビニ行ってるうちに入線してダブルショック。関西空港方面は影響がでてないので、関空特急はるか が来たので乗る。
    JR事故多すぎ・・・。

    今まで働いてきた事の値段

    週末から、やや凹んでいるが、止めを刺すような葉書が来た。企業年金連合会から

    今回、あたくしの年金基金が 科学技術厚生年金基金から企業年金連合へ移動になったのだけど、それに伴い、将来の受給予定金額が通知された。これは現在の暫定の金額なので、今後、勤続年数により増えるらしいのだけれど、ともかく、今まで働いてきた分に対する支給額なのである。

    私のように学生だった期間が長かった上に、電機連合会+国+科学技術厚生年金基金と転職で基金を渡り歩いてきた場合には、その都度、切り捨てられたり、繰越可能年限不足で一時金支給で繰り越されなかったりして 一向に増えない仕組みになっている。 
    まぁ、しょうがない話ではあるが、あなたの今まで働いてきた価値はこんなもんだよ~ん と言われてしまった様で、ガッカリしてしまう葉書だった。

    もう、抗不安剤のんで寝てしまおう・・・。

    ダメ

    バイオリズム落ち気味

    金曜日

    朝、どうしても起きられず、脈拍、血圧等上がらない。
    とりあえず、自宅で仕事することにしたが、どうにもこうにも、集中力が途切れて、寝てしまいそうになる。
    居眠りではなくて、ガクっと寝てしまう。ちょいヤバゲ

    土曜日

    大阪でミーティングがあったので出かける。帰り、新大阪の駅で階段から転げ落ちる。幸い、あと数段で下り終わるところだったので、大事には至らなかったものの、足をひどく捻ってしまった。

    JM渡欧

    帰国して2日目、実験系からデータが上がってきたので、キリキリ計算中。
    プログラムは実際に回してみると 修正しなければいけない点が多々見つかるので、思いの他、手間取り時間がかかる。

    今日で友人で前のラボの同僚だった Jean-Marc が渡欧というか離日する。フランスへ帰るのではなくて、次の仕事先はイギリスなのであった。
    帰り際に少しskypeで話をしたけれど、けっこうサバサバとあっさり帰っていった。彼らしいといえば彼らしい。
    では、来年、イギリスで会いましょうと言って去っていったのだった。
    au revoir

    フランス・スイスへ行って来た 2006 しょにょ14

    深夜のドバイの乗り換え口 激しく混雑して待たされる。ゲートチェックでアラブ系の家族 お父さんが子供を激しく叱っている。空港職員が英語で理由を聞くと「この子のせいで、乗り換えに間に合わなかった」とか言っている。職員が、乗り換え列の時間が長かった事が原因ならサービスカウンターに申し出て下さい と言っていたが、親父さんは「この子が原因なんだ」とプンプン。職員もそれ以上関わらず。大丈夫か?

    ドバイ乗換えで2時間待ち。
    200610021.jpgアラブのマクド イスラムの戒律でも食べられるアラビックバーガー。クレジットカード利用可。クレジットカードの裏書で日本人とばれる。ドバイのマクドには日本語を勉強中の兄ちゃんがいる。
    あらびっくばーがーみーる。パンはケバブ風だけど、肉はマックチキンバーガーと同じ。目新しさ無し。面白くも何とも無い。おのれ、ぐろーばりぜーしょんめ~。 後ろの席、一人旅と思われる日本人女子大生を空港職員が頑張って口説いているのでした。


    免税店では日本の空港並に日本語を良く聞く。

    イスラム装束一式購入しようか5分ぐらい悩んで諦める。

    200610022.jpgヨーロッパと違って日本のマンガに毒されていないドバイの空港。日本のマンガモノはハム太郎しか発見できず。


    名古屋行きの便が2:45発 大阪発の便が3:00発 そんな、明らかに同じ会社で競合する様な便を運行しないでもいいだろうに・・・。おそらく名古屋行きはトヨタとかそのへんの意向が関係していると思われる。2:00にバスで飛行機に運ばれる。なんか乗客が少ないため、航空機が変更になっているような感じ。飛行機まで連れて行かれた状態で10分以上、バスの中で待たされる。

    200610024.jpg珍しい事なので、カメラで写真を撮ろうとしたら、整備員に注意される。ダメらしい。
    原因判明。こんな写真になりました。謎のエネルギーが出ている。


    帰りの便、エアバスA340-500に変更。往路より小さく、343シート。やっぱり往路はVIPのために最新の機体を使っていたのね。食事メニューにはドバイ-大阪便と書かれている。名古屋便になってないのは何故? JALとの共同便でアテンダントは日本人多し。機内サービスも日本語メインとなる。それにしても客が少ない。これではやっていけないだろう。

    軽食が供給される。スシとアンパン。他に選択肢なし

    せっかくだから、起きっぱなしで時差調整しようと思ったが、機内は真っ暗で強制的に寝てろモード。機内食などは日本時間でもドバイ時間でもなく、ヨーロッパ時間で供給される。

    無理やり寝ますが、座席が太ももに食い込んで痛い・・・。

    200610026.jpg日本時間ではもう夕方近いと言うのに、朝食が供給される。も~・・・・。
    前の座席の日本人が、日本語でメニューを聞かれて、ワタシは海外旅行中なの!日本語なんかで話し掛けないで という態度で、明らかに不快そうに英語で返事しているが、手に持っているのは日本語の小説。カッコ悪い。 省みて、フランス語で返事をしている私はカッコ悪いを通り越して、コミカルであるからセーフかとも思ったが、反省する事にする。気をつけましょう今度から


    名古屋空港着。税関 どうせ荷物を開けられるんなら、土産話をしてやる! と意気込んでカウンターへ。ほらほら、僕のスイス自慢話を聞きたいでしょ? 荷物チェックしたいでしょ? という目で見ると、税関の兄ちゃんはめんどくさそうに、あ、行っていいですよ と言うのであった。「せっかくなので、空けます?」「いえ、いいです」そんなに嫌がらなくても・・・。

    空港はF1フェアをやっていた。そういえば来週末は日本グランプリ。鈴鹿へのアクセスは中部国際空港が一番便利だったのだ。どうやら、同じ日の昼にF1関係の大規模な移動があったらしい、ココで。

    天むすとマンガ雑誌数冊を買い込んで、近鉄、新幹線を乗り継いで帰宅。帰路が特に辛かった・・・。

    200610027.jpg

    つーことで、ただいま・・・。

    フランス・スイスへ行って来た 2006 しょにょ13

    帰国のためフランクフルトのホテルにいます。

    旅行のために100円ショップで買った中国製の時計がイマイチ信用ならないので、起きられるか心配したけれど、ちゃんと現地の朝時間に目がさめた。
    今回のホテルは朝食付きだったので、もりもり食べる。いや、別に美味い訳でもなんでもない・・・。

    そろそろチェックアウトしようとしたら、従業員が掃除の時間だと言って部屋に入ってきた。やけにせわしない。荷物軽減のために100円ショップの時計を置いていこうとしたら、やけに嬉しそうに、これもらっていい? とか言う。「いいけど、遅れるよそれ」とドイツ語でどう言えばいいのかわからない。

    中央駅から空港までは電車。DBでも地下鉄でも行けるけど、地下鉄のほうが安いのは言うまでも無い。が、切符の販売機は10ユーロ以上の紙幣を受け付けてくれなかった。しょうがないので、本屋に入って小物購入。おつりの小銭で切符購入。車掌来ないと思うけど、やっぱり来なかった。ルフトハンザのフライトアテンダントの制服の人がいたので、のこのこついて行く。空港駅到着。着いたのはTerminal1到着。Terminal2へ行かないといけないのだけれど、どういけばいいのかわからない・・・ フランス語の案内板があれば・・・。で、うろうろしているうちに、到着便の荷物受け取りのゾーンに入ってしまった。あの、まだ出国してないんですが・・・。
    うろたえてたら、スルーだった、別に分離ゾーンに入ってしまったわけじゃないらしい。なんとかTerminal2へ到着して、エミレーツカウンターへ並ぶ。アメリカ人が列に並ばずにカウンターへ、受付の人と押し問答している。受付は「とにかく並んでくれ」と繰り返している。ちょっとイライラ。

    チェックイン終了。さっさと分離ゾーンへ入る。ゲートで登山靴とベルトで引っかかる・・・。
    早めの昼食を取ろうと思ったが、食べたくなる様なものは無し。

    200610011.jpgここの空港にも礼拝堂があります。各種宗教の礼拝堂がまとめてあるそうです。せっかくなので、仏教も仲間に入れて、卍(まんじ)でも書いてやればいーのに! とか不謹慎な事を思います。


    かなり時間があったので、Terminal1まで飛行機の写真とりに行って時間つぶしました。
    200610012.jpg200610013.jpg


    14:15 どやどやどやとチェックイン。飛行機は乗客で満員です。今回は一番後ろから二番目の席。ところが、ここでやらかしてくれました。ダブルブッキング。二重発券です。アテンダントに相談したら、彼女は前のほうに消えていきました。待つ事 十数分、別のアテンダントが、立ちっ放しの私を見て不信に思ったらしく、「座ってくれないと離陸できません」とか言う。状況を話すと、「今日は満席だから、どうにもなりません」とすまして言いやがる。お前んとこの会社だ! お前! ちょっと態度悪いぞ。
    さらに、数分後、やっと最初のアテンダントが戻って来て、私の席に座っていた人を他の席に移動させ、座席確保。少しは空き席あるじゃないか、隣も誰もいないし と思っていると、離陸間際にアラブ系の兄ちゃんが何人か乗り込んできて、本当に満席になった。

    やっと離陸。ドイツ人大騒ぎ。シートベルトしないし、動き回るし この人たちも、秩序とかそういうのは自分の都合の良いときだけしか発動しないらしい。

    離陸後、軽い食事などが供給されるが、隣のイラン人のお兄さんは英語がわかりません。なのに、アテンダント(白人)は英語しか話しません。アラブ系の会社なんだから、なんとかならんのかい。酒出しちゃダメでしょアラブの人に。

    昼晩兼用っぽい機内食が供給される。事前に申請した人にはアラブ食やベジタリアン食が供給される。ドイツはベジタリアンが多いのか、ベジタリアン食を大量に準備している。で、隣のアラブの兄ちゃんとアテンダントあきらかに話が噛み合ってない。アラブの兄ちゃん、諦めて隣の席(あたし)と同じモノというそぶりをする。

    首痛いのでよく眠れず、たいへん苦しい。前の座席の中国人がイスをMAXまで倒すので体勢キツイ。

    ようやくドバイ到着。現地深夜。なんか、昨日といい今日といい、もうクタクタになってきたな。

    PageTop

    プロフィール

    koichirot

    Author:koichirot
    理系素浪人

    すきなもの 弓道、神社、いぬ、和服、児童文学、抹茶、煎茶、紅茶、日本庭園、膨らみ袖の服、冬、雪、和菓子、雅楽、おフランス、ベレー帽、サイエンス

    ルーブル美術館へ行って、窓から中をのぞくだけ
    ブルゴーニュへ行ったのもかかわらず、ペットボトルのワインを飲む。
    でもアンヴァリッド(軍事博物館)には2回行きました。
    そんな人です。あたくしは

    過去の日記はこちらです。

    カレンダー

    09 | 2006/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    BlogPet

    ブログ内検索

    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。