スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入眠障害 ほか

入眠障害が治まらず・・・ 日曜の晩は比較的ましだったのだけど、月曜の晩が酷かった。
睡眠薬の量をふやしたところ、火曜日は一日フラフラでどうにもならず。今も寝れんので5mg投入。

プレゼン資料を作っていて、どうにも進まない、書いていることに一ミリも自信がもてず、論理の組み立てが正しいのかどうかすら、ゲシュタルト崩壊とでもいうのでしょうか、自分のテーマに対して、論理的整合性の判断がつかなくなってきていて唖然とする。しばらく散歩したり トイレ行ったりすると直る。会社員のときは、もうすこしマシなプレゼン&プレゼン準備をしたよなぁ、と思う。当時もそりゃ苦しくなかったワケではないが、さすがにもうちょっとなんとかなったよ。プレゼン能力が落ちてしまっているのは否めないにしても、だ。商業的プレゼンには正解とよべるモノが存在するが今書いているプレゼンの正解は自分が決めないといけないというのも大きいのかも。他人の批評や評価はあるにせよ自分なのだ。他人のものを売るときのプレゼンはじつに「いいかげんに」書けた。自分の両肩に乗っている天子と悪魔のイメージが二人そろって、お前のプレゼンはダメダメだと、つねにいい続けるのにも辟易しているのだ、こいつらをもっとポジティブにする薬でもないものか 閑話休題

アングレーム国際漫画祭 日本製漫画授賞なし。逃亡日記は面白いけれど、それは日本だからであって、過酷な逃亡をしている人の自伝漫画が出版されているフランスで、逃亡日記が
賞を取ったりしたら、そら、ダメだろうと思う。

漫画ついでに、漫画の話。 フランス語のwikipediaの「よつばと」評が
ボキャブラリーが簡単なのに、日本文化を知らなければわからない という評だったので、「えーそんなにわからないか?」といちゃもんつけられている様な気分になる。そのわりには売れてるんでないの? と思う。

ナポレオン獅子の時代5巻 フランス語版 とうとう出版の兆し 3ヶ月以上ズレた。

狼耳のキャラが出てくるアニメのせいで、脳内で主題歌がエンドレスで流れている上、一人称が「わっち」になってしまいました。どうにかしてください、気が付いたら鼻歌歌って「わっち、こまりんす」とか独り言ってました ダメです。やはりこういう時は薬で治さなければ

と、いうことで、この項目、睡眠薬飲んでヘロヘロなのに眠れない状態で終る・・・。
へろへろへろ
スポンサーサイト

週末

土曜 某会議に参加→新年会。食べ過ぎた。飲んだので頭痛。二週間ぶりにネッ
ト碁 2子局 勝ち。頭痛治まらず、寝れんので睡眠薬投入したら翌日起きられ
なくなったよ。

日曜 眼が覚めたら、昼だった。弓道 地連審査の申し込み書をもって弓道場へ
行く。着いたときには夕方だったので引けず。
京都駅のソフマップへ行ったらEeePCの実機が展示してあったので、すこし、ぐらっときた。US キーボードなら衝動買いしたかも。

某Fansubの英語字幕と仏語字幕を見る。英語字幕供給早すぎ。英語字幕の誤訳と
同じところで仏語字幕も誤訳してたが、解釈とかヒアリングの問題ではなくて、
孫訳。こんだけ速やかに訳されるなんて、そりゃDVD市場崩壊するでしょう。

CR名作劇場

meisaku.jpgCRフランダースの犬と世界名作劇場
って、これはひどい・・・・ 金になれば何でもいいっていっても、これはないでしょ、ネロ昇天で・・・って酷すぎでしょう

ぐ~

激しく頭痛。他は異常なし なんでだろ、よく偏頭痛がするようになった。
雪 なんか寒波きてるみたい。
狼耳のヒロインが出てくるアニメを見る。単なる萌えアニメかと思ったら貨幣経済アニメなのか。これは侮れないのか?
アングレーム国際漫画祭(Festival international de la bande dessinée d'Angoulême) 今年は 弓道士魂と失踪日記がノミネートしてる。

ペルセポリス(映画)

persepolisフランス映画 ペルセポリスを見てきた。イランから単身西欧に亡命した少女の自伝的BDを映画化。かなり偏向した視点だとは思うが、イランの人々の生活が感じられる作品。少女時代の主人公の家族がかなり西欧化しているが、そういう時代背景なのか、そういう社会階層なのか、主人公の脳内イメージなのかがちょっとわからない。神の描写もイスラムとは違う西欧的なイメージに思えるがどうか? 視点的にはかなり偏っているので、イラン政府としては、西欧によるプロパガンダ映画だと主張せざるをえないだろう。
あたくしはこういうジャンルの映画はかなり苦手なのですが、この映画は最後まで退屈せず見れました。つまり、出来は良い。

えーと、なんといえばいいのか、わかんなくなってきたな。あ、さて

フランス語はかなり聞きやすかったです。おばあちゃん(声:Danielle Darrieux)のキャラが立ってます。主人公のホクロにdéjà vu 「自虐の詩」?
左翼系ギャグの笑いどころで、声を出して笑ってしまったところ、私しか笑っていなかったので、バツが悪かったです。ここ、笑うところでしょ?


本人は横に広い・・・

あ、あと、日仏のGalette des rois にも行ってきた。

L'âme du Kyudo (弓道の魂)

Âme du Kyudo
カテゴリ弓道ではなくて、カテゴリ漫画。
しらんうちに、平田弘史の弓道士魂 フランス語版が出版されていた。
仏語版で出ないかな~、と思ってたらホントに出てた。日本語版でもマニアしか知らないというのに、このチョイス フランス人侮りがたし
フランス漫画読者の裾野の広さが伺えるというもの。これは近いうちに入手しなければいかんです。

ヤマト

yamato_CACX6XDE.jpgアナライザーに嫉妬されているらしい。ヤマトって、基本的に最後は他力本願だよなぁ。オーバー・テクノロジーは常にもらい物なところは、日本的だなぁと

三十三間堂大的大会(準備)

20080112a.jpg土曜日 三十三間堂大的大会の前日設営のお手伝いに行く。早めに行ったら、集合時間を間違えていて、二時間以上早かった。しかも、雨まで振ってきた。コンビニで雨合羽を買うが、時すでに遅く、かなり濡れてしまう。
雨合羽着て設営の手伝い。作業開始後1時間ほどで雨は上がったが、服の中まで濡れてしまう。ひ~。風邪ひいて本番を見に来れなかったらヤダなぁ

日曜日 本当に風邪引いて寝込んでしまい、午後まで動けず、当然、見に行けず。称号者の部 見たかった・・・。

雑記

年明け いろいろ・・・。
一時帰国中の人が何人か尋ねてくださいまして、お話する。
DEATH NOTE の英語音声版がかなり出来が良くて、つい見てしまう。(魔法のテクノロジーで) あと、boboboの仏語版も
仏語教室、冬学期開始 モチベーションの維持が難しい。 今期の受講者は理系率が高い模様。仏語力よりも性格の方が問題。
和スイーツと言われると馬鹿にされているような感じがして大変不快になる。
墓場鬼太郎のアニメ版 一話を見る。クオリティの高さに驚く。
囲碁 対人/対PC戦とも手が荒れて冷静に打てなくなって困る。

弓道日記

年初め、弓道の練習へ行く。どうにも人がいないと思ったら、府の射初めで先生方はそちらへ行っているとの事。
新春一射目はばっちし中り、いい気になったら続いて連続して外す。6射5中が出て、またいい気になったところ、6射0中ったりして安定しない。射型が崩れてきた気がするので撤収。
2月末に参段審査 ひ~。

新春初ネット碁

正月はフランス語版のヒカルの碁のDVDを見つつ(見ても仏語力も棋力も上がりません)
gnugo3.6とばっかり打ってたので、変な碁になってやしないかと心配しつつ、JMと初ネット碁 2敗 がびーん。

寝正月

寝正月継続中。犬とゴロゴロする。
20080103b.jpg昨日 正月2日目は初積雪だったが、もうかなり融けてしまった。
初夢、夢見悪し、なんか、スカトロな夢とかSFな夢とか見る。色っぽい夢とか現実味のある夢とかは見ない。初夢としての昨日をはたしてないでガンス。


20080103a.jpg菱葩餅 食い終わったと思ったら、年始に来た親戚からまた貰う。四個目
さすがに、ありがたみ 激しく低下


20080103dais.jpg

Au fond du labo à gauche : De la vraie science pour rire

仏語の文庫が読み終わられない。文学作品だと興味が持続しない。歴史小説モノは長くて終らない。エロ小説は思いの外文化的バックグラウンドが要求される。ポルノはもだえてるばっかりで仏語力あんまし関係ない。自分のバックグラウンドに近くて、短い文章が沢山載っていて面白いという都合の良い本は無いものか、と思っていたら、比較的近いものを発見。
livb0080101a.jpgAu fond du labo à gauche : De la vraie science pour rire
リベラシオンかなにかに連載した(らしい) 笑える科学研究の紹介記事。それぞれの文章は2ページ強なので、電車の中でも読み終われる。自然科学系なので、「これはいい」と思ったら、日本語版も出てるのだった・・・。変な学術研究 1 (1) (ハヤカワ文庫 NF 320)

ですの仏語版 6,7

death_note_fr6.jpgdeath_note_fr6.jpg

ですの 6,7 仏語版到着。アニメ版の仏語版リリースはまだか

Napoleonの5巻は去年10月の予定が順調に遅延中。遅延した分、フランス語訳が向上しているのならうれしい。つーか、超展開すぎて戸惑ってますか?>翻訳者

消極的クラシックファン

そういう言葉があるわけではなくて、私の勝手な定義。
私は、基本的に流行りものはわかりませんので、流行歌などは殆ど知りません。オタクだから「アニメの主題歌を知ってるだろう」とか言われる事もありますが、これも、懐かしモノを知ってるくらいで、ぜーんぜん知りません。
でも、音楽は嫌いではないので、消去法的にクラシックを聞きます。なので、元旦の夜のニューイヤーコンサートなどはたいへん楽しみにしております。こういう「他に聞くものもないので、クラシックに行き着いた」というタイプを消極的クラシックファンと勝手に定義します。
クラシックの世界は濃いファンだらけで、私の様なよく知らない人には厳しい。ただ、聞きたいだけなのに,「そんな事も知らんのか」、「この違いがわからないのか」とか「そんな粗末な機材で再生するんじゃない」、などなど、そういう事を直接・間接に言われる事も度々ありまして、大変凹みます。
なので、消極的クラッシックファンはひっそりと音の悪いMP3プレイヤーでミサ曲などを聞くのでした。
新年早々、言いっぱなしでこの項終る。

元旦

20080101e.jpg花びら餅食って、犬とゴロゴロする。
とりたてて、事もなし

PageTop

プロフィール

koichirot

Author:koichirot
理系素浪人

すきなもの 弓道、神社、いぬ、和服、児童文学、抹茶、煎茶、紅茶、日本庭園、膨らみ袖の服、冬、雪、和菓子、雅楽、おフランス、ベレー帽、サイエンス

ルーブル美術館へ行って、窓から中をのぞくだけ
ブルゴーニュへ行ったのもかかわらず、ペットボトルのワインを飲む。
でもアンヴァリッド(軍事博物館)には2回行きました。
そんな人です。あたくしは

過去の日記はこちらです。

カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
BlogPet

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。