スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カールじいさん

カールじいさんの空飛ぶ家 を観てきた。しかも、初日の初回の吹き替え版 客の入り超悪し うーん、良作だと思うんだけど

La- Haut - Bande-annonce officielle
あえて仏語版予告を貼っとく 

宮崎駿のコメントにもあるけど、最初のシーンだけですでにお腹いっぱいになりますね。孤独といいつつ幸せなカールじいさんに嫉妬

ボーイスカウトの少年が、これまたかわいく無いの 計算されたかわいく無さ そこがOKになっていく過程が カールじいさんの心情と重なって美味しい。

障害事件とか病院とか、ちょっとしたシーンの細部が凝っててCGアニメでなければ生臭くなってた絶妙なバランスがいい。

泣き所三箇所くらいありました。

飯塚昭三(76)対大木民夫(81)大空の決戦 大木民夫だいじょうぶか!
αの声が芳忠さんだとは、最後まで気がつかなかった。

あと、映画に無かったシーン

DVDの特典かなんかに付くのかな
スポンサーサイト

PageTop

プロフィール

koichirot

Author:koichirot
理系素浪人

すきなもの 弓道、神社、いぬ、和服、児童文学、抹茶、煎茶、紅茶、日本庭園、膨らみ袖の服、冬、雪、和菓子、雅楽、おフランス、ベレー帽、サイエンス

ルーブル美術館へ行って、窓から中をのぞくだけ
ブルゴーニュへ行ったのもかかわらず、ペットボトルのワインを飲む。
でもアンヴァリッド(軍事博物館)には2回行きました。
そんな人です。あたくしは

過去の日記はこちらです。

カレンダー

09 | 2009/12 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
BlogPet

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。