スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クノール ご当地スープ


スイスで買ってきた ご当地スープ Basler Mehlsuppe を作ってみた。

JLに、あまりお勧めしないと言われていたが・・・・・ これは失敗

バーゼル風小麦スープ

はったい粉に、チキンスープの元を入れてまぜた味。

そうだよね、おいしければ、ミネストローネみたいに、日本に入ってきてるよね・・・



スポンサーサイト

HONDA Deauville(NT700) vs BROS(NT400)

DeauvilleBROS


HONDA Deauville

へんなインプレ

スイスでHONDA Deauville NT700(2009 model) に乗って4日程走ってきたので、ちょっとインプレ(走行距離1480Km)
比較対象は HONDA BROS P2 NT400 (1988-90 model) 比べるなら、 BROS P1 NT650と比べるべきだろうと思うけど、まぁ、許して

HONDA Deauville は BROS P1 NT650 の海外モデルNTV650 の後継車(だと思う) HONDAイタリアがデザインしスペインで製造しているらしい。

国内では数百台しかないだろうレア車で、実車を見たことは三重県の道の駅で1回しかない。

実はかなり乗ってみたかったバイクで、今乗っている BROS P2から乗り換える候補に考えていた。スイスでバイクレンタルを探した際に、バイク屋とのメールで、Hornet 600 なら貸せるとの返事だったが、実際に店舗に行ったら Deauville があり、先方の好意もあって、ほぼ下ろしたてホヤホヤのDeauvilleが借りられたのだった。

●乗りやすさ

 はじめて運転するのに しかも、小雨の中 高速にのってびゅーんと120キロ巡航してなんも怖くない 乗りやすい。

 大型シールドが風をうまい具合に上に流すので、スピード感を感じない。レマン湖ほとりで高速巡航中に虫の群れにつっこんだが、大型シールドにより、虫が上方へビュンビュン吹き流されていった様が凄かった。

 足つきと取り回し ぺったんこに踵まで付いてややガニ又になるBROSに比べると、やや高く、踵が少し浮く程度。重心はやや低いのか停止時の安定性は高い。
 BROS+数十キロの重量にしては、取り回しは楽。

 かなり高いアップハンドルと、真っ直ぐ下にあるフットペダル類により、たいへん乗りやすい。免許を取った時の教習車 CB750Kよりも乗りやすい。「ロイヤルサルーンですか、これは?」
 初めて乗ったその日に300キロ走って、ほとんど疲れない まぁ、これはスイスの交通事情にもよるが 全くストレスが無いライディングポジションに、「楽すぎて寝る」むしろ「楽すぎて悲しくなった」

●エンジン特性

 NT400と比較して、「20年の歳月と1.7倍のエンジンは力強い」と書きたいところだけど、そんなでもない ツアラー寄り味付けのせいか どのギアでもスムーズに加速して 「あれれー」と感じる。むしろ、重くなった分、低速域ではBROS400の方がより多少力強いと錯覚してしまう。Vツインのドコドコ感は殆ど感じられない。

 エンジンを回すとBROSに乗り味が近くなってくるが、高速巡航ではBROS400とは比較にならないほどの巡航性能を見せる。
 最高速度が120キロのスイスや130キロのフランスだと、周囲の流れに乗るために、それぐらいの巡航速度は必要で、BROS400だと悲鳴が出そうになるスピード。 追い越し時 140キロ超え、150キロでもそんなに怖くない これが「高速ツアラーなのかー」と思った。ドイツのアウトバーンへ行かなければ、スイスでは必要十分、日本だとオーバースペック

 次に峠での走り。20年の歳月とABSは、ブレーキや下りコーナーで殆ど不安を感じさせない このブレーキと是非交換したい。
 登りをバリバリ登って行く時の感覚は BROS400に非常に似ている。ようやくVツインの面白さを感じた。下りでの走りは、向上したブレーキ性能によりかなり快適で、コーナリング性能も上がっている。BROS400の方がセンシティブな走りになる。

●搭載性

 標準装備の大型ケースには、着替えなどがさっくり入ってとてもいい メットホルダーがあるのかないのかは最終日までわからなかった。

●その他

 燃費リッター23キロくらい。大容量タンクはニーグリップがややしにくい(あくまでBROS比)が、ツアラーなので気にならない。 

●総評

 スイスの、高速道路が利用しやすい道路事情からすると Deauville はかなり良い。何より疲れないので、連日ぶっ通しでバイクを走らせるというのなら、この乗りやすさは必要。旅行者としてならDeauvilleを選ぶ。
 通常の走りをすると「乗っていて面白い」というレベルには達しないので、面白さではBROS400かなと思う。

 次に買うバイクとしては・・・ うーん、BROSの中古をまた探してしまうだろう。

Microsoft Office 10 フランス語版


スイスにて、家庭内と学生さんは3台までインストールできて、Word Excel PowerPoint OneNote が使えるよーん

というのが、150Sfr(1万2千円)だったので買ってきたが・・・・

正解は「10月に北米出張したときに、アメリカのスーパーで買え」だということは、購入時にわかっていたことでしたが・・・・

まさか、Excelの関数もフランス語だったとは。

If() が Si() だし vlookup()がrechercheV() だった。orz
さすがにわかんないよ! 読めても、ぱっと出てこないよ

mid() は無い・・・ 真ん中はフランス語では もわやん だから・・・じゃあ moyenne()か? あったー わーい! 効率悪いわー どかーん PCひっくり返し~

microsoftさん、microsoftさん そこはグローバル化するところじゃないっすかね。

そうだ! Language Pack だ、こいつを買えばきっと・・・ と、Language pack 日本語をポチってみたけど ダウンロードできない

うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

アクティベートしてないとダメなのかな

でも、アクティベートすると、「日本版OSではフランス語版のご利用は認めていません」なんてつれない表示が出て、Office自体が利用できなくなってしまうかも・・・。

アクティベート 「ぽち」 ・・・・ 大丈夫のようだが

Language pack は課金されたままダウンロードできないままじゃー

ひー

固いパン

欧州に2週間いたが、2週間程度では日本食が恋しくなったりはしなかった。 もし、「ここに住め、ずっと」と言われても平気だろうと思う。
コープやミグロで醤油買えるし・・・。

グローバリゼーションにより、10年前は臭いと思っていたウエットチーズも平気になってしまった。

逆に、帰国して、辟易しているのは 日本で固いパンを買うのが難しい事

コンビニやスーパーの ふにゃふにゃのパンが、なぜか、猛烈に、キツイ ほんのり甘いのも駄目だ。 食べていると悲しくなってくる。

京都だと固いパンが買える店はそれなりにあるので、ちょっと足を伸ばせばいいのだろうけど・・・ めんどい


9/11,12,13 Neuchatel FrankFrut OSAKA

http://picasaweb.google.co.jp/tkoichiro/20100911Neuchatel#

昼食後 NeauchatelからFrankFrutまで5時間 Baselから隣になった人がCERNの研究者だったのでビックリ。

フランクフルト駅 ホテルまでのUバーンの切符を買えずに途方にくれる。おばちゃんにきいてみたら、すごく親切な人で荷物から地図まで出して調べてくれた。

市内一泊後 帰国 

大阪は暑い ルフトハンザの機内プログラム 今回は外れ引いた

9/10 Alps 2




http://picasaweb.google.co.jp/tkoichiro/20100910Alps#

バイクを返しに、DAVOSから中央スイスまで。
かなり遠い。最短距離でも250キロ近くある。

最後なので、大回りをして、Oberalppass オーバ・アルプ峠とSustenpass スーステン峠を越えたい。

小雨の中、さらに山奥に向かって走る。 Overalpsは最高に面白い 日本でこんな走りをすると逮捕だが、スイスでは合法

Coopで食糧を買おうとしたら、 ホームセンターに相当する Coop Brico+Loisirs だったorz

アンデルマット 童話に出てきそうな美しい町。だが、このへんは峠を攻めるバイク族も多い。よく見るのがドイツナンバー

Sustenpass 山頂で日本人ライダーに会う。グローブを脱いで握手。今回の旅で日本人と日本語で話したのはココが最初

アメリカ人ライダーとも握手を交わす。先方は英語→ドイツ語→イタリア語 と切り替えてこっちの話せる言語を探ってくるのが面白い。
なぜイタリア語?

時間があれば Grimselpass グリムセル峠 からもう一度Fruka峠を走りたいところだったが、あと3時間でバイク屋まで行かないといけない!

峠をハイスピードで下る。

インターラーケンの絶景を楽しんでいる時間も無い

なんとか16時30にバイクを返すことが出来た。走行距離 1470Km(4days) 腰が抜けるほど走った。

ジュラ山脈とエンガディンに行けなかったし、FrukaPass も全走破できていないので次回の課題とする。脳内BGMは カリオストロの城 ときどき 暴れん坊将軍

夜、neauchatelのJean-luc宅 に帰還。夕食はイタリアンでした。うめー イタリア飯うめー

9/9 Alps



今まで、風景を見て泣いたことなど無かったが、泣きそうになった。
奥スイスとも言うべきvalais地方から、fruka峠に至る道は、本当に感動する。
ヨーロッパ人の考える草原と天国のイメージの原体験はこのへんなんじゃないかという風景。
写真は撮ったが、とても再現できない。

フルカ峠でパンを食う。引き返して、ヌフェネン峠を越える。
スイス連邦が整備したフルカ峠と違って、地方のカントン(州)が整備したヌフェネンは日本の峠道に似ている。
絶景ではフルカ、バイクでの面白さではヌフェネンかなと思う。

イタリアまで降りようとして力尽きた。北上

スイス軍のバイク集団に遭遇。Can I take your picture? と聞くと、
「誰か英語わかるやついねーか?」とかドイツ語で対応された。
若い軍人さんは英語はあまりできないらしい。
スイス軍の部隊は独語圏だけ仏語圏だけのメンバーで固めないようにするらしいので、一人は仏語の出来る人がいるので仏語で通じた。
快く写真をとらせてくれたけど、兵士の皆さんは「No! Facebook No!」って言ってました。

スイスの有名な温泉地 バートラガッツへ向かう。
ここと、マイエンフェルトはアルプスの少女ハイジのせいで、日本人が大挙して押し寄せた結果、HEIDILANDなる施設が出来てしまった。かなり微妙だ

HEIDILANDで給油。

クララが足の保養に訪れたという バートラガッツ温泉へ行く。面白さでは前回訪問したシュクオルのスパに及ばない。温泉で滑ってこけた。ひー

バートラガッツ温泉では車椅子の人もいました。長期滞在して温泉療養するそうです。

ただ、高度な温泉文化を持つ日本人から見ると、物足りなさは否めない。超でっかいスーパー銭湯(湯はぬるい)という感じでした。

国際会議で有名な町DAVOSでホテルを予約していたのだけど、小雨だし、夕暮れだし 涙目。
写真を撮る気力も無い。

夜、ホテルへ到着。DAVOSまで行くともう仏語が通じない

http://picasaweb.google.co.jp/tkoichiro/20100909Alps#

9/8 CERN(Geneve)


今日の訪問地はCERN(欧州原子核研究機構)
10時にCERNの粒子加速装置を見る一般向けツアーに予約してあるが、モンブランからCERNまでたどり着けるか微妙

モンブランからジュネーブへは高速道路で1時間強。燃料切れギリギリでジュネーブ着

日本で道に迷う人が、ヨーロッパで道に迷わないわけが無い。ジュネーブで道に迷う。CERNに30分遅れで到着
 
粒子加速装置のツアーは出発した後だった。
ツアーは午前がフランス語、午後が英語。15時まで待てば英語のに参加できるけど、夜までにアルプスへ戻らないといけないので辞退。

受付のおねいさんに頼み込んだら、哀れには思ってもらって、50人くらい入る教室で一人貸切でCERNの広報を見せてもらう。そのあと、付属の博物館で模型などを見る。

小説「天使と悪魔」では殆どSFな未来的な施設と書かれているが、
雰囲気は日本の物理系研究施設に良く似ている。
アホほど大きい粒子加速器を自分の目で見れなかったのはすごく残念。

写真はCERNのシンボル&ランドマーク、この玉っころは研究とは特に関係が無い。加速器は地中に埋まっていて見えないのだ

CERNは国際共同機関で、研究者間の言語は英語の様だけど、働いている人はフランス人が一番多く、サポートスタッフにはフランス語の方が通じやすい。 ちなみに拠出額は 独>仏 らしい

CERNグッズ 方程式の書いたTシャツを買う。わーい

---

午後 フランス領ANNEMESSEにあるスーパーマーケット(ミグロ)に入る。
客はすべて泥棒候補というフランス風の対応に憤慨する。フランスのここが嫌い

レマン湖のほとりを走る。天気は上々。スイスの温泉郷ロイカーバートまで行く。だーれもいない。

ふもとの町 Leukの宿に止まる。

http://picasaweb.google.co.jp/tkoichiro/20100908CERNGeneveLeuk#

9/7 suisse et mont-blanc




http://picasaweb.google.co.jp/tkoichiro/20100907Moto1#

雨雲がフランス語圏スイスを覆い、朝から雨。 あらかじめ予約したホテルを結ぶコースを通ると、ひたすら雨雲と同行する事になりそうで、涙目となった。
が、現地人の友人JLがバリバリと交渉してくれて、宿を変更し、コースを変更する。

①雨雲から逃げる様に、南スイスへ、さらに迂回してフランスへ
②雲が抜けた後のレマン湖畔を戻る
③中央アルプスからダヴォスへ
④帰還

これなら、たぶん大丈夫な筈

日本から持参したジャケットは、軽装すぎるとJLに説得され、ブーツと革パン以外は現地で借りた。
ジャケットは小さくてパッツンパッツンとなった。

雨の中、solothurn州 selzachにバイクを借りにいく。
ドイツ語圏なのでちょっと不安だったが、フランス語圏に近く 店主のおじさんは独仏英が話せた。

* ばーいーくヲカシテくだざーぃ
# わぁ、変な東洋人きた!

NT700かCB600どっちがいい?と仰る。普段乗っているのがNT400なので、NT700ならかなり嬉しい。荷物ケースもついて便利

雨の中を南下、予報ではアルプス以南は晴れているらしい。

kandastegまで南下 車のまま乗れる電車に乗ってアルプスを越える。15Sfr

そこから、フランス方面へ抜ける。快走路を西へ。

道に迷って、イタリア方面へ行きかけたが引き返す。

スイスからフランスへ抜けたところで国境の検問。中では、厳しいチェックが行われているのに、東洋人のバイクは無視された。

小雨の中、モンブランに到着。着いたら夕方だったので、モンブランへは上れず残念。

シャモニーの町にはソシュールという人の像が立っていた。言語学者ではなくて、同じ一族の博物学者 モンブランを探検した人らしい

夜、山のホテルレストラン 65ユーロナリ

走行距離250Km

9/6 Murten , Val-de-Travers

http://picasaweb.google.co.jp/tkoichiro/20100906SuisseRomando#

中世の城塞都市、Murten/Moratへ行く。ここはフランス軍(ブルゴーニュ公)がスイス軍と戦って、めためたに負けた古戦場。
ムルテン湖は今も、その呪いで血で赤く染まるらしい(本当はプランクトン)

スイスはこの戦い以降、国内で外国勢力と戦った事が無く、その後 中立国となったので、主体的に行った対外戦争は、その戦いが最後。
現在のスイスは重武装中立国だが、本当に強いかどうかは、実戦経験が無いので不明という事らしい。

ムルテンはフランス語も通じるドイツ語圏

---

Avenches の町まで電車で移動。ほんの10分でフランス語圏 ローマ時代にスイスの首都だった町。
今は、廃墟。Jean-Lucの上司と同僚とお昼を食べる。

NeuchatelのPCショップへ行って、MS Office 10 Student-Homeエディションのフランス語版を買う。

---

Val-de-Travers へ行く。

アブサンの谷。 

かつて非合法だったアブサン
 ・作ることができる。
 ・所持することができる。
 ・輸送することができない。(車に乗せたらアウト)

非合法だったので醸造所は見つかりにくいところにあったらしい。

しかし、この小さな村で非合法も何も無いものだ。醸造所のおじさんに、製造過程を見せてもらう。


最近、日本でイベントをやったらしい。Val-de-Travers をどう表現するか?
Jean-Lucはナウシカに出てきた「風の谷」の様な町だと言っていたが、まさにそんな感じだった。
山の中のU次型の谷であった。

夜、Val-de-Travers の近くの山上レストランでご飯。スイス人おばちゃん軍団がいた。おばちゃん軍団はどこの国でも強い

明日はバイクでスイスを回る旅に出る予定だったが、フランス語圏スイスを中心に天気が悪くなってきた。予定を変更せざるを得なくなってきた。

9/5 Saint-Louis-Arzviller


アルザス地方を回る。
運河くだり。船舶昇降機 Saint-Louis-Arzviller を下ったり上ったりする。
アルザスの古い町を見る。MOLSHEIMEとCOLMAR(たぶん)

夜、フランス語圏スイスまで運ばれる。

http://picasaweb.google.co.jp/tkoichiro/20100905SaintLouisArzviller#

フランス=スイスのたび 2010 その2

20100903a.jpg

Jean-Marcと、ロレーヌ地方を回る。

ロレーヌ地方の看板はフランス語とドイツ語が併記されている・

20100903b.jpg

午後 Simserhof の マジノ線の要塞を見に行く。フランスにとって、「無駄」の代名詞。現存するマジノ線遺跡の中では保存状態が良く大きいものらしい。

http://www.simserhof.fr/

ドイツ軍が中立国や自然境界を突破するワケが無い。絶対無い。という仮定の下にライン側流域に長大な防御ラインを築いてドイツの攻撃を迎え撃つ予定が、電撃作戦により、中立国と自然境界をあっさり突破されて無用の長物になったのだった。

兵士たちも、こもっている間にパリは陥落してるなんて ショックだよ。

要塞内はすごく狭いが、生活環境をがんばって良くしようとしているのがフランス的。日本人なら精神論が出てくるところ。

マジノ線の食事は当時の日本兵よりいいもの食べている。第1次世界大戦の毒ガス線の戦訓から、対ガス線装備が充実している。

実戦を経験していないので、血の匂いがない。そのへんが日本の戦争系の博物館と大きく違う。

たぶん、第1次大戦のヴェルダン要塞とかの方が陰惨な感じになっているのだろう。

日本に入ってくるWW2のフランスの情報はアメリカかドイツの視点を経由しているが、実際のフランス人の戦争感はそれらとは大きく違うのじゃないか? と博物館の展示を見ていて思った。

--

夜、久々に 石もって碁 一勝一敗

中央の写真はマジノ線入り口。 地下にマジノ線の設備が残っている。

フランス=スイスのたび 2010 その1

なんと、4年もあいてしまったフランス=スイスの旅。

今回、マイレージがヨーロッパ往復分たまったので、使うことにした。

体調悪し、寝違えて首が回らない。

時差ぼけ対策 寝ないで朝5時に京都駅 関空特急はるか1号

ルフトハンザ 窓側の席にされる。早いこと出発した筈が、搭乗はギリギリ
液体の持ち込み禁止をすっかり忘れていたお土産の京都の限定500本のお酒を廃棄する羽目に。免税店で京都の酒を探して買う。

出発 せまくてめげそう
ドイツ着 エアバスA380を見た。でかい
20100902a_20100924003719.jpg


入国 特に問題もなく
駅 きたない 自称勤勉なドイツ人にしてからが、この汚さ 


フランクフルト空港駅から電車でフランスとの国境の町 Saarbruchenへ行く

20100902b_20100924004229.jpg
まだドイツ

駅でJean-Marcに電話。トラムで Sarrgueminesへ向かう。

ドイツ語だと Saar フランス語だと Sarr ザール川のザール

意外にも、ドイツ側Saarbruchenの駅周辺はかなり汚い。フランス側のほうが手入れがされている。移民の多さとか人口とかの方がダイレクトに効いてくるんだろう

Sarrgueminesの駅にはJean-Marcが迎えに来てくれていた。 先方もこちらのバカンスに合わせて休みを取ってくれていたのでした。感謝

先週も Skypeしながらネット碁を打ったので、ひさびさという感じがしない。

PageTop

プロフィール

koichirot

Author:koichirot
理系素浪人

すきなもの 弓道、神社、いぬ、和服、児童文学、抹茶、煎茶、紅茶、日本庭園、膨らみ袖の服、冬、雪、和菓子、雅楽、おフランス、ベレー帽、サイエンス

ルーブル美術館へ行って、窓から中をのぞくだけ
ブルゴーニュへ行ったのもかかわらず、ペットボトルのワインを飲む。
でもアンヴァリッド(軍事博物館)には2回行きました。
そんな人です。あたくしは

過去の日記はこちらです。

カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
BlogPet

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。