スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『ユキとニナ』

見てきました。日曜日 夜の部 客の入りは15人ぐらいです。
日仏カップルの離婚と子供 というテーマ

合うか合わないかでいうと、私には合わない映画で、途中で何度か席を立とうかと思いましたが、仏語の練習だと思って我慢しました。

ユキ役の主演 Noë Sampy は子供なのにかなりエロティックな雰囲気あります 児ポ法違反じゃないですか?

予告画像の下でネタバレしてますので、行く予定の人は、読まない方がいいです。

日本語版予告


フランス語版予告



さて、日本語版の予告を見ると大変期待できるストーリーの様に思えます。
日仏カップルの離婚と子供 という重い主題を書きつつ、子供たちが生き生きと・・・ てな映画に見えますが、予告だけ見て、見に行った気になったほうが良かったです。

えーっと、テーマは、なんっすか、日本とフランスの文化は結婚生活が維持できないほど異文化ですが、友情が成立する程度には相互理解できる と言いたいんですか? そんな結論悲しいですやん 実も蓋もないやん 

フランス語版の予告のほうが、キツ目ですが、本編はもっとキツイです。

バレンタインデーには見てはいけない カップルにも夫婦にもおススメしない 凹みます。特に、日仏カップルには痛い映画です。

私の貧弱なフランス語力でも、夫婦仲が冷え切ってるのがビシバシつたわって、それが1時間も続くもんだから、うわああああああ 助けてー ってなります。ユキのお母さんは夫に嫌に嫌気がさしていると同時に、たぶんパリ症候群でもありそうです。
ニナのお母さんも、旦那と離婚していて、愛は永遠ではないとか、サラっと言ってしまうので、いっそう、逃げ場が無い世界観が展開されています。

このリアリティある前半でヘロヘロになったところで、やや子供の冒険譚が入り、唐突に となりのトトロ になって、再びリアルに戻されます。各パートの接続がぐたぐたです。

フランスの森の中で突然 蝉の声がして日本の田舎にワープするシーンで引きました。日本パートはフランス人が好きそうです。媚びてるんですか?

あと、エンディングの沖縄民謡にすごく違和感を感じました。 沖縄文化は日本文化とは少し違う。もし、逆のパターンで映画を作ったら、フランス人の子供がパリに帰ったところで、コルシカとかバスク地方の音楽が流れる様なモノです。

まぁ、仏語のヒアリング練習にはなりました。日仏学監割引で1000円だから、ま、いっか です。
スポンサーサイト

びーばーんーだーむーPageTop初恋の

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://koichirot.blog47.fc2.com/tb.php/1204-2630032a

プロフィール

koichirot

Author:koichirot
理系素浪人

すきなもの 弓道、神社、いぬ、和服、児童文学、抹茶、煎茶、紅茶、日本庭園、膨らみ袖の服、冬、雪、和菓子、雅楽、おフランス、ベレー帽、サイエンス

ルーブル美術館へ行って、窓から中をのぞくだけ
ブルゴーニュへ行ったのもかかわらず、ペットボトルのワインを飲む。
でもアンヴァリッド(軍事博物館)には2回行きました。
そんな人です。あたくしは

過去の日記はこちらです。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
BlogPet

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。