スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幕臣たちと技術立国

幕臣たちと技術立国―江川英龍・中島三郎助・榎本武揚が追った夢幕臣たちと技術立国―江川英龍・中島三郎助・榎本武揚が追った夢
幕末の人物で誰が好きかというと、この江川太郎左衛門英龍がかなり上位に入るのです。官僚というものはとにかく腐るものですが、腐らない有能な人もいるという査証です。それと、この人も共和制を夢見ていた節があるそうで、幕末の蝦夷共和国の流れもそれになにかしら影響を与えているのではないかと夢想したりします。ジョン万次郎を土佐から呼び出したのも彼です。
彼は幕末の動乱期に入る前に過労で死んでしまいますが、もし生きていたら、幕末の展開はかなり違ったものになったのではないかと思います。

五稜郭で死んだ技術官僚系侍 中島三郎助の話も侍として筋が通っていて、感動してしまいます。

余談ですが、あたしの曽曾祖父は彦根藩の下級武士だったので、あたくしの親などは、彦根藩主井伊直弼をえらい贔屓していて、「幕末=桜田門外の変」で後は知らんという人だったりします。
その後の彦根藩といえば、井伊直弼の死により、京都守護は会津松平家になり、所領を減らされ、あまつさえ、最後の将軍は水戸藩の流れを汲んでいるワケですから、士気など上がる筈が無い。そんなワケで本来、京都有事の際の要であり、西国からの反乱を食い止めるべき彦根藩は鳥羽伏見の合戦で、尊王側についてしまいます。
どうにも士道を通せるような状況では無かったようです。ま、わたしゃ事務処理系下級武士だったので、戦闘には参加してませんけどね(おまえじゃない)
そんな事もあって、この町では桜田門外の変以降の話は、あんまりしたがらないのかもしれません。
わたくしが、士道を貫いた中島三郎助などに、羨望を感じるのはそういうワケもあるのかもしれませんです。

最後にわたくしの良く使う言葉をもってこの項目終わる
士道、地に堕ちたり!(<ちなみに堕ちてるのは自分の)

スポンサーサイト

金曜日PageTop問題解決能力

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://koichirot.blog47.fc2.com/tb.php/150-b00861a6

プロフィール

koichirot

Author:koichirot
理系素浪人

すきなもの 弓道、神社、いぬ、和服、児童文学、抹茶、煎茶、紅茶、日本庭園、膨らみ袖の服、冬、雪、和菓子、雅楽、おフランス、ベレー帽、サイエンス

ルーブル美術館へ行って、窓から中をのぞくだけ
ブルゴーニュへ行ったのもかかわらず、ペットボトルのワインを飲む。
でもアンヴァリッド(軍事博物館)には2回行きました。
そんな人です。あたくしは

過去の日記はこちらです。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
BlogPet

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。