スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頭がいい人、悪い人の英語

Product image for ASIN: 456964757X
頭がいい人、悪い人の英語―ネイティブにマヌケと思われない44の会話術

こんな本が出ていたので、買ってしまった。
常々 しょくばで、おまへらはおれをバカだと思ってるだろ!、目がそういってる! と確信している私です。別にアングロフォンにどう思われようと、かまわねーといえばかまわねーわけですケドね。
今さらどうすることも出来ないので、どーにもならんわけですが、せめてどこが悪いのかぐらい知っておけば、将来まかりまちがって、またアングロフォンと一緒に仕事するよーな羽目になったとき、ちょっとはマシだろなと思うワケ。

ともあれ、マヌケと思われるのはともかく、第三章の「知らずに脅しをかけている」は参考になりました。そうです。have to や must to をしょっちゅう使ってしまう私です。ま、ニコニコと笑いつつ「○○せんかい、ボケ」と言ってたわけです。
日本語だと「クリスマス済んだら、とっととサンタ人形捨てやがれ、ボケ」とか言ってた訳です。あ、別に問題ないか

余談ですが、在日外国人にはまず日本語で話しかるのが礼儀だとも思います。

スポンサーサイト

ダメかもPageTopがんばれない

Comment

My name is ...

本の紹介によると"My name is ..."というのはだめらしい。われらがMacGyverはよく"Name's MacGyver"と言っているようですが、これはどうなんでしょう?

俺の名は◯○○! とかそういうカッコいいニュアンスがあるのかもしれませんよ。

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://koichirot.blog47.fc2.com/tb.php/26-2ed65ee9

プロフィール

koichirot

Author:koichirot
理系素浪人

すきなもの 弓道、神社、いぬ、和服、児童文学、抹茶、煎茶、紅茶、日本庭園、膨らみ袖の服、冬、雪、和菓子、雅楽、おフランス、ベレー帽、サイエンス

ルーブル美術館へ行って、窓から中をのぞくだけ
ブルゴーニュへ行ったのもかかわらず、ペットボトルのワインを飲む。
でもアンヴァリッド(軍事博物館)には2回行きました。
そんな人です。あたくしは

過去の日記はこちらです。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
BlogPet

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。