スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス・スイスへ行って来た 2006 しょにょ8 le lac Leman

200609261.jpg船でEvianからLausanneとVevey経由でMontreuxへ移動。パスポートチェックの様なものは無し。
シーズンオフのためか、乗客は少ない。Vevey~Montreux間でイギリス人?の兄ちゃんに話しかけられる。ピアニストで浜松のヤマハにいたことがあるとか言っていた。どっかで聞いたことあるシチュエーションだな・・・。


ここはイギリス貴族の保養地として発展したので、今もリッチでハイソな方のための保養地である。物価ははげしく高い。語学学校やホテルマン学校もあるので、東洋系率も高い。こっちもカジノ多し。レマン湖はスイス側が平地が多く開けていて、フランス側は山になっている。

食事、サンドイッチとワッフルと水で11フラン 高けぇ! で、支払い済んで横を見ると、日替わり定食13フラン。激しくしてやられた気がする。

ツーリストインフォメーションで地図をもらって、Château de chillon (シヨン城)へ。バス停の自動券売機に3フラン+2ユーロ飲み込まれてさらに凹む。バスの運ちゃんに聞いてみたら、バスの最後尾の券売機で買ってくれと言われる。何事も授業料だと思おう。Chillonまでは8分 ここはバイロンの詩で有名なったそうです。

200609262.jpg入り口で、「どこの国?」と聞かれて一瞬何の事かわからなかったが、パンフレットの言語をどうするかだった。仏語と日本語の両方をもらっときました。中学生の団体と入れ替わりに入場。
ドイツ語と英語の団体さんがいる。 このドイツ語がドイツ人なのか、ドイツ語圏スイス人なのかは判別不能。


200609263.jpg200609265.jpg


200609264.jpgシロン城の中を登ったり降りたり。途中、カメラの電池がヘタってきて、あまり撮影できませんでした。残念。
一応、天守閣までひとまわりしたのだが出口が分からない。たぶん、この牢屋のような策が出口・・・。同様に躊躇しているイギリス人と思われるお婆さんと小母さんが、こっちをむいて、
「デカイお兄さん、先に下りてみてくれない?」
というので降りる。ちゃんと牢屋ではなくて出口だった。
で、やっぱりおばちゃん達から日本人?と聞かれる。


湖のほとりでほけ~と休んでいたら、物乞いに金もってないか?と聞かれる。
帰りは城からMontreuxまで歩いてみる。足痛いのに・・・・

200609266.jpgMontreuxのミグロで弓道ドリンクKOMBUCHA発見。ミグロはスイスを全国展開しているスーパーなので、ここのミグロにあるという事は、他の街のミグロにもある。つまり、この飲み物はスイスではメジャーだという事だ。
中国四千年の禅と弓道の味。東洋人は毎日飲んでるよ(ウソ)。を久々に飲む。う~やっぱり美味くない!


MontreuxからLausanne経由でNeuchâtel行きの切符購入。非常に高い。スイス人は通常、鉄道料金が割引になる定期の様なものを予め購入しているのだそうだ。登山列車やケーブルカーの様なものまで対象になっていてビックリした。外国人のためのスイスパスやスイスカードだけなのかと思っていたが、そうでもないらしい。

Lausanneの公衆電話でJLに電話。この案内のICNと書いた電車に乗っていいのかいね? 寝たらbernまで行ってしまうので危険。
大荷物で乗車。スイスは観光立国なので、大荷物の乗客が多いが、通勤通学時間と重なってしまったので、スイスの高校生達と相席になる。「荷物、どかしてもいい?」と聞くので、「もちろん」と答える。見た目はちょっと怖い目のマグレブ系の兄ちゃん達だったが、会話は高校生で、テストの点数とかマンガ(もちろん日本の)とか、そんな話をしていた。

Neuchâtelの駅にJean-Lucが迎えに来てくれていた。彼の家は駅から歩いてすぐ。JL宅到着。到着とほぼ同時にSerge君も帰宅。

夕食は彼らの自炊。トンカツとラタトーユと米でした。うめぇ
200609267.jpg

スポンサーサイト

フランス・スイスへ行って来た 2006 しょにょ9 La Chaux de FondsPageTopフランス・スイスへ行って来た 2006 しょにょ7 Evian Les Bains

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://koichirot.blog47.fc2.com/tb.php/274-5585f952

失楽園 下  岩波文庫 赤 206-3

「一敗地に塗れたからといって、それがどうだというのだ?すべてが失われたわけではない」そう喝破する盟主サタンに生きる勇気を与えて貰いました。一敗地に塗れたら立ち上がるのさえままらないのに、完膚無きまで負けたサタンの何という雄々しさ!その反面反乱を悔やんだり

プロフィール

koichirot

Author:koichirot
理系素浪人

すきなもの 弓道、神社、いぬ、和服、児童文学、抹茶、煎茶、紅茶、日本庭園、膨らみ袖の服、冬、雪、和菓子、雅楽、おフランス、ベレー帽、サイエンス

ルーブル美術館へ行って、窓から中をのぞくだけ
ブルゴーニュへ行ったのもかかわらず、ペットボトルのワインを飲む。
でもアンヴァリッド(軍事博物館)には2回行きました。
そんな人です。あたくしは

過去の日記はこちらです。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
BlogPet

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。