スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス・スイスへ行って来た 2006 しょにょ9 La Chaux de Fonds

20060927.jpgJean-LucとSergeはお仕事なので、ひとりでそのへんを回る。
もう一度レマン湖方面へ出て、Morgesにある軍事博物館(真鍮の人形)か 北側に出て時計の街La Chaux de Fondsへ行くか悩んで、La Chaux de Fondsにした。 切符買うときに、?という顔をされる。Le Chaux de Fondsと定冠詞を間違えていた。coopで炭酸入り水購入 60サンチーム つーことは、ペットボトル一本で55円くらいですよ。切符。今日も高かった。結局、往復ともコントロール(車掌)は来ないまま、到着。


お昼ご飯、駅前にミグロの大型店舗があったので、ミグロのレストランへ行く。今日の料理などをカウンターから取っていく形式。付け合せは色々選べるのだけど、知らない食材も多くて、難易度高い

200609271.jpg何たのむか悩んだのだけど、まえのひとと同じのにした
「めーむしょーずぷーるい」 前置詞の使い方が違う気がするが通じるのでいいです。
「めーむしょーず○×△す、ムッシュー?」と丁寧な言い回しで答えてくれた。こういう時にしっかり聞いておかなければいけないが、ぼーっとしてたダメなあたし。
今日のプレート11フラン スープ2フラン パン0.8フラン 大体1300えんくらい。
旨い。この黄色い付け合せは去年もウンター・エンガデンでも食べたが、こっちの地方で一般的なパスタの一種だったのか。量は多い


200609272.jpgんで、時計博物館は駅から歩いてすぐの距離。
一箇所にみゅぜが集中していて便利。子供の遠足とかでよく使われるらしい。そういえば、着いた時 駅には子供が多かった。

意外と思われるかもしれませんが、スイスの時計産業の中心はフランス語圏にあります。カトリック対プロテスタントの戦いで、大勢のプロテスタントがフランスから移住してきた中に、時計職人が多かったというのが発祥だそうです。


200609273.jpg200609274.jpg

入り口でチケットを購入して「めるしー」と言って中に入ろうとすると、「めるしーというのはまだ早いわよ」と言われる。なんのこっちゃと思ったら、ロッカーのカギをわたされて、ひとくさり注意事項を説明された。
なんせ持ち出し可能な大きさのものばかりですから、手荷物はロッカーに入れろという事だった。チェックも厳重です。

ここの売りは機械時計の自動人形。かっこいいですな。これらは月に一度、日曜日に動いているところが見えるそうです。そういえば、この旅行で最初に行ったStrasbourgのカラクリ大時計もスイスの職人がどうのこうのという説明が入ってたので、ここの人が修理とかに行ったのかも

頼めば学芸員さんが色々解説してくれるらしいのですが、そこまで仏語力ありませんから、館内のPCで説明を聞く。
時計の重要な革命のいくつかはココ スイスで行われ、小型化により、ついに腕時計まで完成させた。しかし、日本による電子式ムーブメントの完成により、大打撃を受けたのだった。と、博物館自身が言ってました マジで。日本人として、どうもすいません>スイス時計職人。

で、見終っちゃった・・・ どうしよう。

しょーがないので、ツーリストオフィスに行って聞いてみました。暇そうなお姉さんが一人。
「この街にはなにか見所はありますか?」
「時計博物館ほか、3つの博物館が集まってる公園があるよ」(今行って来た)
「他には?」
「自然の博物館があります」
「自然科学の?」
「自然の動物 生きてない動物の博物館です」(ねぱ びばん とか表現した つまり剥製とかだと思われる)
「どーぶつたち、みんな・・・ しんでるの?」
「生きてるど~ぶつが見たいなら、この上に蛇の博物館があるわよ」
「へび? ま、面白いかも」
「小さな動物園があってその中にあるよ。無料」
「ほー、じゃあ行ってみます。めるしー」
と、お姉さんにお礼を行って、そこまで行ってみました。徒歩数分。ホントに小さい動物園でした。で、無料。
入り口にお金入れる箱があったので、小銭入れときました。
動物園自体は近所の子供達の憩いの場という感じでした。

で、さすがに行くところがないので、駅に戻って帰りの電車待ち。
で、どこにでもバカっプルはいる。ここスイスにも
で、もちろん駅のホームでぶちゅぶちゅべたべたしている。
ここはフランス語の勉強もかねて、わざとバカっプルのとなりに座り、フランス語のわからないガイコクジンのふり(というか、ふりでなくてその通りだが)をして聞き耳をたてる。
しかーし、たわいの無い話をしてるなー。
「あれはいい感じだったよねー」
「そーだよねー」
(ぶちゅぶちゅぶちゅ)←音がするほどちゅー
と、そういう繰り返しなので
あんまし仏語の勉強になんないなー
隣の東洋人お構いなしかい~

200609276.jpgNeuchâtelへ帰る。電車の中で寝てる間に到着。幸い、終点なので寝すごしても大丈夫っぽい
Neuchâtelの駅から旧市街の方へ行ってみました。なんかお祭りのよーなことをしている。


夕食はレストランでビーフ。量が多そうだったので、mainだけにしておきました。これもまた、うまかった!
200609277.jpg

スポンサーサイト

フランス・スイスへ行って来た 2006 しょにょ10 ZermattPageTopフランス・スイスへ行って来た 2006 しょにょ8 le lac Leman

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://koichirot.blog47.fc2.com/tb.php/275-ca8a276a

プロフィール

koichirot

Author:koichirot
理系素浪人

すきなもの 弓道、神社、いぬ、和服、児童文学、抹茶、煎茶、紅茶、日本庭園、膨らみ袖の服、冬、雪、和菓子、雅楽、おフランス、ベレー帽、サイエンス

ルーブル美術館へ行って、窓から中をのぞくだけ
ブルゴーニュへ行ったのもかかわらず、ペットボトルのワインを飲む。
でもアンヴァリッド(軍事博物館)には2回行きました。
そんな人です。あたくしは

過去の日記はこちらです。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
BlogPet

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。