スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弓道日記 手の内を変えるのはむつかしい・・・

弓道の練習日 またしても二週間空いてしまった。
マズイ、このままでは本格的に忘れる・・・。
雨降ってたので出かけるの渋りましたが、このまま夕方まで家にいると、鬱入るので、頑張って出かけました。

電車、線路に人が入ったとかで、また遅れ。当然乗換えにも影響が出て、弓道場には予定より1時間送れて、2時に到着。
早く行って、早く練習して、それから地連の審査結果を見に行こうと思っていたけど、時間的に余裕なし。

不思議な現象に気付く。「中るときは、弦で二の腕を打つ」 腕を打つというのは明らかに悪い現象で、それなのに中るというのは 悪いほうにあわせて狙い補正をしてしまっているという事。
おそらく、押手の入りか、右手の入りか、たぶん両方が悪い。

前回、手の内が悪いと言われたので、思い切って握り込みを深くしてみる。 昔、両手の親指を骨折している事もあって、角見の位置がズレると角度によってはかなり痛くなるし、弓道を始めたときに、握りこみすぎ、 という事を繰り返し言われたので、ここで思い切り握りこむのは心理的に抵抗がある。
が、なんとか「痛まず」、「腕を打たず」、「弓返りもする」ポジションで安定してくれた。これを覚えていられればいいのだけれど・・・。

二時間ほど引いて、32射/9中。 会が維持できないので撤収。もっと練習せな・・・。あと、握力もつけないといけないよな~
スポンサーサイト

WORLD WIDE KOTATSUPageTop藤城清治光と影の奇蹟

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://koichirot.blog47.fc2.com/tb.php/319-84b96e89

プロフィール

koichirot

Author:koichirot
理系素浪人

すきなもの 弓道、神社、いぬ、和服、児童文学、抹茶、煎茶、紅茶、日本庭園、膨らみ袖の服、冬、雪、和菓子、雅楽、おフランス、ベレー帽、サイエンス

ルーブル美術館へ行って、窓から中をのぞくだけ
ブルゴーニュへ行ったのもかかわらず、ペットボトルのワインを飲む。
でもアンヴァリッド(軍事博物館)には2回行きました。
そんな人です。あたくしは

過去の日記はこちらです。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
BlogPet

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。