FC2ブログ

三十三間堂弓道大会

200701141.jpgあれは、通し矢じゃないと言うておるのに、なんで「通し矢」と報道されてるのかと思ったら、そもそも、京都市バスの中吊りとかで通し矢と書かれていたのでした。
だーったら、だれか通し矢やってくれませんかね? その方が絶対いいですよ。(って、無理ですが~)
追記:1987年に特別にやった方がいて、TVで放送されたそうです。

今回は、堂側からの閲覧席はなくなってしまって、反対側にだけテントを張って見るようになってました。
会場に着いたのが昼前で、成人女子とそれ目当てのカメラマンでごったがえし(まぁ、例年そうですが)。とても観れる状況では無かったので、先に無料拝観になっているお堂の中も見てきました。三十三間堂の仏像は見事です。これだけのお銅像が襲い掛かってきたりしたら怖いという絵ですが(そんな事思ってるのお前だけだ)、仏様は襲い掛かってきたりなどしないです。

天下惣一を成し遂げた星野勘左衛門と和佐大八郎の記録達成時の絵馬をしげしげと見てきました。その横に 半分の長さの半堂ながら、小田金吾(11歳)の11910射11760中という驚異的な記録の額もありました。士道とは凄まじいものであるなぁと再認識したのであります。

新成人女子の部は華やかですが、型はそんなに良いワケではありません。弓道家としては、射型の綺麗な称号者の射を見ねば来た意味が無い。というワケで、3時頃まで待って、称号者の部を見て帰りました。

写真をとってたところ、声をかけられた。昨日仏語教室のGalette des rois で会ったD先生も見にきてたのでした。




スポンサーサイト



ケロロ軍曹 仏語版PageTopA la recherche du temps perdu

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://koichirot.blog47.fc2.com/tb.php/371-4ecc6b60

プロフィール

koichirot

Author:koichirot
理系素浪人

すきなもの 弓道、神社、いぬ、和服、児童文学、抹茶、煎茶、紅茶、日本庭園、膨らみ袖の服、冬、雪、和菓子、雅楽、おフランス、ベレー帽、サイエンス

ルーブル美術館へ行って、窓から中をのぞくだけ
ブルゴーニュへ行ったのもかかわらず、ペットボトルのワインを飲む。
でもアンヴァリッド(軍事博物館)には2回行きました。
そんな人です。あたくしは

過去の日記はこちらです。

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
BlogPet

ブログ内検索

RSSフィード
リンク