スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蟲師 フランス語版 (Mushishi VF)

mushishi1.jpgmushishi2.jpgmushishi3.jpg

蟲師 フランス語版が届く。出版は英語版が先行したが、フランス語版が追い抜いた。フランスのアニメ版ファンサブ(よーするに非正規流通版)が良い感じだったので,アニメのDVDもフランス語吹き替え版でも出して欲しい。
出版社はManga Kana。この会社は、NARUTO,DEATH NOTE,などの売れ筋から、夕凪の街、桜の国(Le Pays des Cerisiers)までと、本当に広くカバーしている。基本、効果音などの書き文字は日本語のまま、仏語を併記するので、ごちゃごちゃして読みにくい。
あ、さて、この蟲師という作品が、フランス人にどこまで伝わっているのやら・・・。フランスは自然崇拝があまり残っていないですから、東洋の怪談というか寓話というか、そういう扱いなのかもしれない。

ところで、日本のマンガの仏語版を読んでも、語彙は増えるけど、フランス人の発想法なんかは身につかない。それには、フランスのマンガ(BD)を読む方がいいが、なかなか興味のあるものは見つけにくい。(まぁ、日本の作品だって、興味を持って読めるのは数パーセントだしね)
ともあれ、このへんにマンガによる仏語学習の限界がある気がする。フランス語を話す日本人としては、日本的な発想の元でフランス語でどう言うかという部分の助けになるだけでも、十分良いことですけどね。

と、いうワケで、この項目、言いっぱなしで終る。
スポンサーサイト

うーんうーんPageTop急に秋、腹痛てぇ

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://koichirot.blog47.fc2.com/tb.php/535-e066a2e9

プロフィール

koichirot

Author:koichirot
理系素浪人

すきなもの 弓道、神社、いぬ、和服、児童文学、抹茶、煎茶、紅茶、日本庭園、膨らみ袖の服、冬、雪、和菓子、雅楽、おフランス、ベレー帽、サイエンス

ルーブル美術館へ行って、窓から中をのぞくだけ
ブルゴーニュへ行ったのもかかわらず、ペットボトルのワインを飲む。
でもアンヴァリッド(軍事博物館)には2回行きました。
そんな人です。あたくしは

過去の日記はこちらです。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
BlogPet

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。