スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス人ッぽい話し方

仏語教室、秋学期スタート。

独断と偏見による、フランス人っぽい話し方。
とにかく、人の意見に反対する。mais non ---- (意訳:でも、ちがうよ) ではじまる表現を駆使して会話を進めるのだけど、このとき、相手の意見を真っ向から否定する必要は無い。ちょっとでも違っていれば「mais non」で違いを強調する。お隣の国の様に正面切ってボロボロにえぐり合うような状態までは行かない。たわいのない処で「あー言えば、こー言う」というのを楽しむのがフランスっぽい。受けたらボケるという感じか(ちがう)

と、いう事で、宿題 次回の準備までに,débattreの準備をしてくる事。ホントに思って無くても構わない、議論の練習為の準備。わたくしは、子供の頃、「でも、違う」とちょっとの違いをすぐ突っ込むのが大好きで、延々と話が終らない、話しているうちに本題を忘れるという子供でしたので、本来、こういう会話はすきなのではありますがー、数十年にわたる学校教育と世間様とイジメとパワハラのお陰で、すっかり、こういう事のスキルを失ってしまいました。またこういうセンスを磨きたいと思います。
でも、磨きすぎると、ミーのフランス好き系変わり者度がアップしてしまいそうで、いや~んザンス

ところで、今、SNCFとRATPがスト中で、パリの交通がまた停止してるらしい。フランスだなぁ・・・
スポンサーサイト

紅葉は・・・PageTop家紋メーカー

Comment

と、となりって

どっちの方向に隣なんでしょうか!?

日本では、グループとしての場の雰囲気を重視するがために、誰かが違う意見を言う事は嫌われることが多いですね。こーいちろーさんの書いてらっしゃることがよくわかる気がします。
日本の外にでて数年経ちましたが、「それは違う」と相手に同意できないことがあっても、日本で染み付いた習性上、つい口が先に「うん」と言っていたり、つい反対意見を唱えずに素通りさせてしまうことがあります。やってしまうたびに、手際よく自分の意見をまとめ、理由をつけて相手に反論できない自分自身を非常に腹立たしく思います(←自分の意見を言えないのはバカだと思われるのです。『え、そーなんですかぁ!?』を連発するような日本に生息する一部のバカモノは、知的に遅れている見なされることでしょう)。

どっち方向か・・・、言えない方(おい)
とまれ、欧米人は訓練されてますよねぇ。大変さ、お察しします。
バカだと思われないために、とりあえず、「NO」と言ってみるのいうのも、ヤブベビになりそうだし。

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://koichirot.blog47.fc2.com/tb.php/538-2b5a352b

プロフィール

koichirot

Author:koichirot
理系素浪人

すきなもの 弓道、神社、いぬ、和服、児童文学、抹茶、煎茶、紅茶、日本庭園、膨らみ袖の服、冬、雪、和菓子、雅楽、おフランス、ベレー帽、サイエンス

ルーブル美術館へ行って、窓から中をのぞくだけ
ブルゴーニュへ行ったのもかかわらず、ペットボトルのワインを飲む。
でもアンヴァリッド(軍事博物館)には2回行きました。
そんな人です。あたくしは

過去の日記はこちらです。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
BlogPet

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。