スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消極的クラシックファン

そういう言葉があるわけではなくて、私の勝手な定義。
私は、基本的に流行りものはわかりませんので、流行歌などは殆ど知りません。オタクだから「アニメの主題歌を知ってるだろう」とか言われる事もありますが、これも、懐かしモノを知ってるくらいで、ぜーんぜん知りません。
でも、音楽は嫌いではないので、消去法的にクラシックを聞きます。なので、元旦の夜のニューイヤーコンサートなどはたいへん楽しみにしております。こういう「他に聞くものもないので、クラシックに行き着いた」というタイプを消極的クラシックファンと勝手に定義します。
クラシックの世界は濃いファンだらけで、私の様なよく知らない人には厳しい。ただ、聞きたいだけなのに,「そんな事も知らんのか」、「この違いがわからないのか」とか「そんな粗末な機材で再生するんじゃない」、などなど、そういう事を直接・間接に言われる事も度々ありまして、大変凹みます。
なので、消極的クラッシックファンはひっそりと音の悪いMP3プレイヤーでミサ曲などを聞くのでした。
新年早々、言いっぱなしでこの項終る。
スポンサーサイト

ですの仏語版 6,7PageTop元旦

Comment

じゃぁ、私も消極的ですぅ

「そんなことも知らんのか」とか言う人いますねぇ、たまに。
まぁ、楽しければいいんじゃないかなぁ、と適当に自分の好きなものを聞いておりますよ。だから私も消極的ファンでございます。今年のニューイヤーはよかったですね。大和も沢山テレビに映っていましたなぁ。

私も消極的ファンで、ウィーンフィルのニューイヤーコンサートは昨晩再放送で見ました。
主人がかなり良い音が出るCD再生装置を持っているので、現在クリスチャン フェラスのベートーヴェンソナタをBGMで楽しみ中です。主人及び隣人が就寝中なのでボリューム低く、ピアニッシモはPCの音にかき消されております。
私は青少年時代ロックにはまってましたんで、クラシックのうんちくにはとてもうといです。
最近になって、フェラス様がうつ病とアル中に苦しんだ末40代で亡くなったことを知りました。全盛期にはカラヤンと一緒に来日したこともあるそうですが・・・。
フェラス様演奏ドビュッシー(不眠に苦しんだ晩年頃の作)を含むDVDも持ってます。
フランス年に発売されたフェラス様のショーソンも欲しいのですが、残念ながら入手不能とのこと。
ときどきオークションをチェックしてます。

同じく消極的ファンです。(笑)

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://koichirot.blog47.fc2.com/tb.php/568-fb7582ad

プロフィール

koichirot

Author:koichirot
理系素浪人

すきなもの 弓道、神社、いぬ、和服、児童文学、抹茶、煎茶、紅茶、日本庭園、膨らみ袖の服、冬、雪、和菓子、雅楽、おフランス、ベレー帽、サイエンス

ルーブル美術館へ行って、窓から中をのぞくだけ
ブルゴーニュへ行ったのもかかわらず、ペットボトルのワインを飲む。
でもアンヴァリッド(軍事博物館)には2回行きました。
そんな人です。あたくしは

過去の日記はこちらです。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
BlogPet

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。