スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忍者はいる

ネットで若いスイス人に、忍者について熱く語られた。彼にとって日本で一番行きたい場所=甲賀卍谷だそうだ。いや、卍谷って、それ甲賀忍法帳ですか? それ、フィクションだし。
でもまぁ、無下に「無い」というのもアレだし、もしかしたらモデルになった場所ぐらいはあるかもしれないので、「聞いたこと無いなぁ。もしあっても、隠れ里なのかも」と言っておきました。「さすが忍者の里、うまく隠されているんだな」と納得していただきました。
とまれ、「忍者はいる」と思っている外国人に対して、うっとおしく思っている在外日本人の方も多いと思います。日本の観光戦略のためにも、決して否定しないように、「NARUTOみたいなのはいないが、忍者はいる。うまく隠れていて見つからない」という事で徹底お願いします。
スポンサーサイト

トラップ一家物語 ドイツ語版OP (Die singende Familie Trapp German Opening)PageTopひきこもり と ネット動画

Comment

なるほど

忍者はいる。
が世を忍んでいるからこそ、忍者である。

元CIA職員なんてよくでているが現役なんて知ることはできないですよね。
現役のCIAの工作員、つまりスパイを見たことあるかとおなじです。

その存在を知ったものは、もうこの世のものではないくらい脅しておけばいいのでは(笑)

実は,この間・・・ これ以上は話せませんが・・・

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://koichirot.blog47.fc2.com/tb.php/593-14b8db76

プロフィール

koichirot

Author:koichirot
理系素浪人

すきなもの 弓道、神社、いぬ、和服、児童文学、抹茶、煎茶、紅茶、日本庭園、膨らみ袖の服、冬、雪、和菓子、雅楽、おフランス、ベレー帽、サイエンス

ルーブル美術館へ行って、窓から中をのぞくだけ
ブルゴーニュへ行ったのもかかわらず、ペットボトルのワインを飲む。
でもアンヴァリッド(軍事博物館)には2回行きました。
そんな人です。あたくしは

過去の日記はこちらです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
BlogPet

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。