スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

google 翻訳

Google 翻訳が多言語対応になってたので試してみた。まず、あたくしの以前の日記から



翻訳: フランス語 » 日本語
小さなラジオ局です。

サークルの活動をj'appartenais科学と電気製品私が子供のころです。我々はまだ期待して最後のクラスです。と入力し、召集される化学ルームとは、少しの経験があったが薬草を探して山の横にある小さな学校です。
私たちは若い新進の科学者やエンジニア!ある日、私の友人の1つは、組み立てられた小型の回路で放送さFM (周波数変調)です。これでおしまいです。持っていることが小さなラジオ局!私たちは興奮を覚え、幸せです。この時点で、私たちが小さい選手!

我々の書いた問題をテーブルにコピーされてきたし、本物の新聞です。と入力して、当社は以下の登録の排出量の表のとおりです。それは、音楽、小型ユーモラスなストーリー、ニュース、と入力し、ラジオを再生します。ベン、は、ラジオ、それは非常に難しいし、楽しい!です。最後に、私たち生産の約60分の劇的な歴史です。これは、をコピーして、よく知られてアニメのパロディです。この小さなドラマが問い合わせのすべての夏の休暇です。最後に、それが完全に完了します。我々は仕事を私たちの小さな駅です。実際には、私たちが受け取った人who問い合わせやご家族の問題を共有します。波のため、実行できませんでしたほんの数百メートルです。しかし、私たちは非常に満足と幸せです。



うーん、まぁがんばってはいますねぇ。 qui を who と訳していますが、中間言語として英語を経由している模様

次、例の血なまぐさい フランスのアレな歌


allons enfantsデラpatrie 、
この日の栄光が到着!
圧政からの問い合わせに対して、
その血染めの旗が発生すると、流血のフラグが発生すると、
ふと耳にするように、都市郊外
生き馬の目を抜くmugirこれらの兵士ですか?
彼らは武器することができます。
égorgerあなたの息子さんと、仲間!

を腕、市民、
フォームにして大隊、
歩く、歩く!
不純な血液を
私たちabreuve小溝!



デラって名古屋弁ですか?
つぎ、あるアニメ・マンガの解説記事



翻訳: フランス語 » 日本語
ローレンスは、毛皮の販売や貿易who遍歴商人です。彼の仕事のために、 pasroeに帰国し、村の祭りの最中には、収穫です。その国の残りの部分とは異なり、人々は、神を信じるheathensとオオカミ: horoです。伝説によると、男性との間の協定締結を確保するための適切なオオカミされ麦刈りに達したときに満期が予想される。しかし、新しい方法を発明のために、村人切削小麦の難しさがない。結局彼らは本当に取るの伝説を深刻に受け止め、特定の存在を信じるhoroです。
彼は休暇村として準備を進めて、ローレンスのそりで発見された先頭の若い女性と耳としっぽのオオカミです。後者は、神のような場所や、与えられたように、もはやその人々が必要で、ローレンスを取る彼女を求めていた。狼男との間の新たなパートナーシップを形成できるように、これら2つの文字を入力し、異なるのでお互いを理解しています。


小岩井四ッは、エネルギッシュな小さな女の子の6年間、 who町だけに移動します。彼女は父親の命に囲まれて、 who決して停止を作るの提言とその新しい隣人:ご家族綾瀬、高齢者と呼ばれる3つの女の子恵那市、 fuukaとasagiです。各ボリュームの日常生活の四ックロニクルこの新しい環境です。彼の世間知らずの都市と彼の若い年齢には、漫画に上昇すると多くのgags頻繁に抗し難い状況です。



最後、逆翻訳 日本の歌を仏語化


翻訳: 日本語 » フランス語
Chiyotaikai à la Yachiyo
SAZARE Stone
Et la IWAO
Jusqu'à ce que le creux Musu



やっぱダメか。千代大海ってあーた、どんなエンジン使ってるんじゃ
スポンサーサイト

友あり遠方より来る。PageTop僧帽筋より広背筋

Comment

名古屋弁ですか、に笑いました。

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://koichirot.blog47.fc2.com/tb.php/633-1911ffa9

プロフィール

koichirot

Author:koichirot
理系素浪人

すきなもの 弓道、神社、いぬ、和服、児童文学、抹茶、煎茶、紅茶、日本庭園、膨らみ袖の服、冬、雪、和菓子、雅楽、おフランス、ベレー帽、サイエンス

ルーブル美術館へ行って、窓から中をのぞくだけ
ブルゴーニュへ行ったのもかかわらず、ペットボトルのワインを飲む。
でもアンヴァリッド(軍事博物館)には2回行きました。
そんな人です。あたくしは

過去の日記はこちらです。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
BlogPet

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。