スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナポレオン 獅子の時代 フランス語版 6巻

napoleon_tome6.jpg6巻の仏語版が来た。Vendémiaireの反乱。主人公、市民に向けて砲撃します。容赦なく。
さんちゃんと侯爵の会話シーンが、マイルドになってしまっている。ゆるゆるだ。 たぶん日本語の主語省略に対して訳者が意味を取れていないか、日本語とフランス語の会話の流れの論理の違いからしょうがないのかもしれない。
Murat が買いに来た本は日本語版では「哲学者テレーズ」だったが、仏語ではいきなり「ジュスティーヌあるいは美徳の不幸」(Justine ou les Malheurs de la Vertu)に変更。 Marquis de Sade が逮捕されて獄中で書いたのが 「悪徳の栄え」les Prospérités du vice で変更なし。 たぶん、「哲学者テレーズ」の逆引きで元ネタが特定できなかったか、あるいは、その後で登場するサドを強調するために 気を利かせて本を変更しか、たと思うんだけど、サドの創作へ向かう流れとか、なんか、違和感がある。


napoleon_tome6j.jpgnapoleon_tome6f.jpg

読んでいてちょっと違和感 あれれ? さんちゃんのセリフがズレてるよ。



送料が割高なので、ついでにBDも買う。
アマゾンの分類がLivres > Érotisme > BD érotiques
となっているのに、そんなにエロくない。フランス人と日本人ではエロさの評価関数が違う。
BD_Borgia1.jpgBD_Borgia2.jpg

あれ、原作の人映画監督?
スポンサーサイト

ひびのくらしPageTop色々壊れる

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://koichirot.blog47.fc2.com/tb.php/638-35c3bb00

プロフィール

koichirot

Author:koichirot
理系素浪人

すきなもの 弓道、神社、いぬ、和服、児童文学、抹茶、煎茶、紅茶、日本庭園、膨らみ袖の服、冬、雪、和菓子、雅楽、おフランス、ベレー帽、サイエンス

ルーブル美術館へ行って、窓から中をのぞくだけ
ブルゴーニュへ行ったのもかかわらず、ペットボトルのワインを飲む。
でもアンヴァリッド(軍事博物館)には2回行きました。
そんな人です。あたくしは

過去の日記はこちらです。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
BlogPet

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。