スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古傷から糸

もう十年以上前の交通事故で縫合した傷跡にほくろの様な黒い点が現れたので、掘ってみたところ、抜糸できずに忘れられていた糸だった。十年以上かけて皮膚の下から表面に上がってきたのだ。ブラックジャックのエピソードでこんな話なかったかな? あの時医者が、「これは酷すぎて傷の中の砂やら石やらは全部は取れません」と言ってたことを思いました。また、他にも埋まってるやつが出てくるのかなぁ。それとも墓まで一緒にもっていく事になるのかなぁ・・・
スポンサーサイト

おくびわこ トライアルPageTop伏見稲荷

Comment

古傷

タイトルだけよんだ時点で、お尻のことかと思ってしまった(^_^;)

いえ、右膝です。おしりはまた・・・調子悪い・・・ ぬー

私も高校のときに抜糸しそこなった糸が傷跡から出てきたことがあります。縫合糸って吸収性じゃなかったの?と当時も思ったのですが、技術の進歩に経済性がついていかないから各医療機関では古い(安い)製品を使うのでしょうか?手術って、1処置ひっくるめての保険点数のようだし・・・

私の場合 傷の内側は吸収性の糸を使ったんですが、外側は強度の問題もあって非吸収性のナイロンの糸を使いました。吸収性のは吸収の段階で異種蛋白としての拒絶反応も出るので炎症とかしやすいそうです。

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://koichirot.blog47.fc2.com/tb.php/686-a4a76e11

プロフィール

koichirot

Author:koichirot
理系素浪人

すきなもの 弓道、神社、いぬ、和服、児童文学、抹茶、煎茶、紅茶、日本庭園、膨らみ袖の服、冬、雪、和菓子、雅楽、おフランス、ベレー帽、サイエンス

ルーブル美術館へ行って、窓から中をのぞくだけ
ブルゴーニュへ行ったのもかかわらず、ペットボトルのワインを飲む。
でもアンヴァリッド(軍事博物館)には2回行きました。
そんな人です。あたくしは

過去の日記はこちらです。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
BlogPet

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。