スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彷徨える艦隊

彷徨える艦隊 旗艦ドーントレス (ハヤカワ文庫 SF キ 6-1)彷徨える艦隊 旗艦ドーントレス (ハヤカワ文庫 SF キ 6-1)
(2008/10/23)
ジャック・キャンベル

商品詳細を見る

ひさびさにSFなぞを読む。軍事もの 系統的にはシーフォートとかハリントンとかそっち系
百年前からよみがえった主人公がいきなり艦隊の指揮をとることになり、勝ち続けます という話。
上層部全滅で指揮権委譲というよくあるパターンでスタート、相対性理論での制約下での宇宙戦は面白いが、どうも、敵も味方も戦術能力が低い。なんでかと思ったら、長い戦乱で質が低下し、まともな軍が維持できなくなってしまっているという。主人公を際立たせるために、周囲のレベルを下げる ということを正面切ってやってしまった。 戦記創作ものとしては逆転の発想だ。よく考えたら、バック・ロジャースのパターンだったのか
とりあえず、1巻は、こんな感じでもいいとして、2巻以降は敵側にも戦略・戦術能力のあるキャラが欲しいところ。

スポンサーサイト

弓道日記PageTop転職は1億円損をする

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://koichirot.blog47.fc2.com/tb.php/706-0ddd8b50

プロフィール

koichirot

Author:koichirot
理系素浪人

すきなもの 弓道、神社、いぬ、和服、児童文学、抹茶、煎茶、紅茶、日本庭園、膨らみ袖の服、冬、雪、和菓子、雅楽、おフランス、ベレー帽、サイエンス

ルーブル美術館へ行って、窓から中をのぞくだけ
ブルゴーニュへ行ったのもかかわらず、ペットボトルのワインを飲む。
でもアンヴァリッド(軍事博物館)には2回行きました。
そんな人です。あたくしは

過去の日記はこちらです。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
BlogPet

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。