スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HONDA Deauville(NT700) vs BROS(NT400)

DeauvilleBROS


HONDA Deauville

へんなインプレ

スイスでHONDA Deauville NT700(2009 model) に乗って4日程走ってきたので、ちょっとインプレ(走行距離1480Km)
比較対象は HONDA BROS P2 NT400 (1988-90 model) 比べるなら、 BROS P1 NT650と比べるべきだろうと思うけど、まぁ、許して

HONDA Deauville は BROS P1 NT650 の海外モデルNTV650 の後継車(だと思う) HONDAイタリアがデザインしスペインで製造しているらしい。

国内では数百台しかないだろうレア車で、実車を見たことは三重県の道の駅で1回しかない。

実はかなり乗ってみたかったバイクで、今乗っている BROS P2から乗り換える候補に考えていた。スイスでバイクレンタルを探した際に、バイク屋とのメールで、Hornet 600 なら貸せるとの返事だったが、実際に店舗に行ったら Deauville があり、先方の好意もあって、ほぼ下ろしたてホヤホヤのDeauvilleが借りられたのだった。

●乗りやすさ

 はじめて運転するのに しかも、小雨の中 高速にのってびゅーんと120キロ巡航してなんも怖くない 乗りやすい。

 大型シールドが風をうまい具合に上に流すので、スピード感を感じない。レマン湖ほとりで高速巡航中に虫の群れにつっこんだが、大型シールドにより、虫が上方へビュンビュン吹き流されていった様が凄かった。

 足つきと取り回し ぺったんこに踵まで付いてややガニ又になるBROSに比べると、やや高く、踵が少し浮く程度。重心はやや低いのか停止時の安定性は高い。
 BROS+数十キロの重量にしては、取り回しは楽。

 かなり高いアップハンドルと、真っ直ぐ下にあるフットペダル類により、たいへん乗りやすい。免許を取った時の教習車 CB750Kよりも乗りやすい。「ロイヤルサルーンですか、これは?」
 初めて乗ったその日に300キロ走って、ほとんど疲れない まぁ、これはスイスの交通事情にもよるが 全くストレスが無いライディングポジションに、「楽すぎて寝る」むしろ「楽すぎて悲しくなった」

●エンジン特性

 NT400と比較して、「20年の歳月と1.7倍のエンジンは力強い」と書きたいところだけど、そんなでもない ツアラー寄り味付けのせいか どのギアでもスムーズに加速して 「あれれー」と感じる。むしろ、重くなった分、低速域ではBROS400の方がより多少力強いと錯覚してしまう。Vツインのドコドコ感は殆ど感じられない。

 エンジンを回すとBROSに乗り味が近くなってくるが、高速巡航ではBROS400とは比較にならないほどの巡航性能を見せる。
 最高速度が120キロのスイスや130キロのフランスだと、周囲の流れに乗るために、それぐらいの巡航速度は必要で、BROS400だと悲鳴が出そうになるスピード。 追い越し時 140キロ超え、150キロでもそんなに怖くない これが「高速ツアラーなのかー」と思った。ドイツのアウトバーンへ行かなければ、スイスでは必要十分、日本だとオーバースペック

 次に峠での走り。20年の歳月とABSは、ブレーキや下りコーナーで殆ど不安を感じさせない このブレーキと是非交換したい。
 登りをバリバリ登って行く時の感覚は BROS400に非常に似ている。ようやくVツインの面白さを感じた。下りでの走りは、向上したブレーキ性能によりかなり快適で、コーナリング性能も上がっている。BROS400の方がセンシティブな走りになる。

●搭載性

 標準装備の大型ケースには、着替えなどがさっくり入ってとてもいい メットホルダーがあるのかないのかは最終日までわからなかった。

●その他

 燃費リッター23キロくらい。大容量タンクはニーグリップがややしにくい(あくまでBROS比)が、ツアラーなので気にならない。 

●総評

 スイスの、高速道路が利用しやすい道路事情からすると Deauville はかなり良い。何より疲れないので、連日ぶっ通しでバイクを走らせるというのなら、この乗りやすさは必要。旅行者としてならDeauvilleを選ぶ。
 通常の走りをすると「乗っていて面白い」というレベルには達しないので、面白さではBROS400かなと思う。

 次に買うバイクとしては・・・ うーん、BROSの中古をまた探してしまうだろう。
スポンサーサイト

クノール ご当地スープPageTopMicrosoft Office 10 フランス語版

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://koichirot.blog47.fc2.com/tb.php/797-06241de7

プロフィール

koichirot

Author:koichirot
理系素浪人

すきなもの 弓道、神社、いぬ、和服、児童文学、抹茶、煎茶、紅茶、日本庭園、膨らみ袖の服、冬、雪、和菓子、雅楽、おフランス、ベレー帽、サイエンス

ルーブル美術館へ行って、窓から中をのぞくだけ
ブルゴーニュへ行ったのもかかわらず、ペットボトルのワインを飲む。
でもアンヴァリッド(軍事博物館)には2回行きました。
そんな人です。あたくしは

過去の日記はこちらです。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
BlogPet

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。